2011年04月25日

シルバーの時代!?金を圧倒する銀価格は半年で2倍の狂乱上昇だが怖くて買えん!

シルバーの時代でしょうか?
日本の少子高齢化社会の話ではなくて、狂ったように上昇している銀価格の話です。

えっ、ゴールドの時代だろって?
受け身でニュースを受信していると、金と原油の上昇しか目に入らなくなります。

確かに、金も1500ドルの史上最高値を付けて、上昇止まらずの感がありますが、やんちゃなシルバーに比べたら若年寄りのボラティリティーですよ!?(若干、意味不明?)

金価格の史上最高値の要因を私が考えるより、専門家の意見をパクる方が早いので、日経にあった豊島逸夫氏の分析を引用します。

1.有事の金(リビア・フクシマ等の地政学リスク)
2.インフレ(原油・穀物等の価格上昇)
3.通貨不安(ドル・ユーロ・円に対する不信任)
4.ソブリンリスク(日米欧の財政不安)
5.新興国需要急増(中印が下値を買い拾うので下げない)
6.中央銀行の金買い(BRICsが外貨準備をドルから金へシフト)
7.新金産量の伸び悩み

よく聞く話だと思いますが、ファンダメンタルズではとにかく金にフォローの風が吹いています。
では、銀価格はなぜ上昇しているのでしょうか?

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 18:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

福島原発事故の補償費は誰が負担すべきなのか?放射能と同様に半減期30年では未来が汚染される!?

福島原発事故の補償費は誰が負担すべきなのか?
色々な考え方があると思いますが、電力料金の値上げでも税金のアップでも結局は国民が負担することになる訳です。

しかしながら、責任の所在を可能な限り明らかにした上で、天災+人災によって生じたという前提で、私は以下のように優先順位を付けるのが良いと思います。

@東京電力に払わせる(≒関東居住者が電力料金の値上げ分で負担する)
東京電力が関東地域に供給するために、管轄地域外の福島に原発を造って、結果起こった事故なので、東京電力の責任で補償をさせることを第一に考えるべきでしょう。
関東居住者が電気代で全て賄えという意味ではなく、まず第一に東京電力の経営努力によって補償費を捻出すべきでしょう。

電力不足なのに、今までと同様に「オール電化」をいけしゃーしゃーとCM打って電力消費を増やすことは出来ないので、徹底した容赦のないコスト削減を求めるべきです。
社員の年収2割カットなんて話もあるようですが、無駄なCMや原発推進派の政治家や学者をお抱えするコストとか、メディアに反原発情報を流させないための中国旅行費用とか、豊富で豪華な社員保養所とか(←そもそも何故国民が電力料金で負担させられるのか?)、ぬるま湯の組織ではいくらでも削れるはずです。

社員数も今の2/3程度で充分やっていけるんじゃないの?
(社運、いや日本と世界の運命もかかった緊急で重要な業務は、日当40万円で丸投げ外注なのに・・?)

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 19:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 放談雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

米国債格付見通しをS&Pがネガティブに引き下げ!&パチンコ節電よりディズニーランドの福島移転!?

先日、千葉浦安にある東京ディズニーランドが再開されたとのニュースを見ました。
さぞ子供達は喜ぶだろうし結構なことだと思っていたら、開園と同時に猛烈に走り寄って真っ先にミッキーに抱きついていたのは、どう見てもオバサンでした・・。
(行動パターンが他人押しのけスーパーで買い占めと同じやん!)

いやいや別にミッキーは子供達のアイドルだけではなく、オバサンからも愛されて結構なのですけど、「ミッキー!会いたかった〜」のハグは子供ならいいけど、ネズミとヨン様を間違えてないかとちょっと引きましたね。(笑)

一方、東京都知事は節電のために自販機とパチンコは必要ないとやり玉に挙げましたが、78歳のお爺ちゃんが嫌う対象でたまたま目に付いたものだけ悪者扱いするのは如何なものでしょうか?

断っておきますが、私も自販機とパチンコの電気を止めてしまえに基本賛成ですが、それなら類似の「不要不急」電力浪費物もやり玉に挙げるべきでしょう。
主にオジサンの娯楽パチンコで電気を使うのは駄目で、オバサンにも人気のディズニーランドは許されるのか?
大人の娯楽パチンコは悪で、子供の娯楽「ねずみの国」は善なのか?

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

アセアン諸国のタイとマレーシア株価指数に連動するETFが5月12日に東証上場!

野村アセットマネジメントが5月12日に、な・なんとタイとマレーシアの株価指数に連動するETFを東証に上場します!
世間的にはニッチであまり受けないことはわかっているのですが、私は大歓迎です!

概要は以下の通り。

NEXT FUNDS タイ株式SET50指数連動型上場投信
-----------------------------------------------
コード:1559
対象指数:SET50指数
信託報酬:年0.5775%(税込)
最低投資金額:1口2千円程度
-----------------------------------------------

NEXT FUNDS FTSEブルサ・マレーシアKLCI連動型上場投信
-----------------------------------------------
コード:1560
対象指数:FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数
信託報酬:年0.5775%(税込)
最低投資金額:1口4千円程度
-----------------------------------------------

●BRICsのETFを出した後に個別の新興国に展開してきた!
評価すべき点は、野村がBRICs4カ国のETFを揃えた(中国は上海株連動だけど)後に、先進国ではなく新興国に展開してきたこと。
英・独のETFから出せとの意見もあるでしょうが、新興国フリークの私は大歓迎!

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

東京都も人間で言えば78歳の高齢?江戸から続く「太陽の季節」もエピローグ?

言いたい放題の巻!
東京都民ではないので、無責任に好き勝手言います。

東京都知事選では78歳の現職の方がほとんど選挙活動もせずに圧勝したようです。
既に3期12年の長期政権で彼の実績には疑問符が付くことも沢山あるにも関わらず、4期目も当選し健康なら82歳まで都知事を務めることになるでしょう。

もともと一方向にかなり偏っていて問題発言も多い人ですが、最近の失言にはご高齢による判断力の衰えと視野の狭さが著しいと私には感じられました。
東京都は日本の首都らしく「シルバー民主主義」への移行もいち早く進んでいるのでしょうか?(笑)

地方在住の方は、都会の東京人は先進的で国際的で理性的で合理的で洗練されているかのようなイメージがあるかも知れませんが、実はその正反対かも知れません。(笑)
私も以前は都民をやっていましたが、東京はイナカモンの集まりですからね。

既得権益や守りたいもの、しがみつきたいものも東京は沢山抱えているので、田舎以上に保守的だったりします。
まあ、都知事は都民の民意で勝手に決めてもらえば良いのですけど、国民にとっても大きな関心事であり影響は大きいですからね。

三重県知事には若干36歳の候補が選ばれましたが、反民主票を集めたと言えば東京と同じかも知れませんが、デモクラシーを望まず年功序列を望み変化を極端に嫌うのは、実は東京>>>地方なのかも知れませんね。

私は都知事選の結果を見て、こう思いました。
●東京も人間の年齢で言えば、知事と同じ78歳を迎えているのではないか?(類は友を呼ぶ?)
●江戸から続く、長きに渡り繁栄してきた東京の「太陽の季節」もとうとうエピローグを迎えているのではないか?
続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 11:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 放談雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

寄らば大樹の陰で安心は買えないと相場は決まっている!?東京電力はJAL体質+原発リスクの危険物?

久しぶりに相場の話をするような気がするが、でもネタは東京電力・・。

絶対に潰れないから安心して長期保有できると人気だった東京電力株ですが、震災前は2000円程度だった株価は福島原発問題を主な理由に現在は300〜400円程度まで、ざっと1/5の水準に暴落しました。

配当目当てでドカンと買い込んでいた方は厳しい状況にあると思いますが、厳しいことを言わなくても株主責任・自己責任ですね。
世間が何を言おうと、安心だと投資判断を下したのは自分に他ならず、結果論で言えば東京電力は大金を投じられる企業ではなかったということになります。

私は似たようなことを何度か書いていると思いますが、元本保証ではない投資を行う以上は安心なんてものは存在しないし、皆が安心・安全だと思っている投資対象は疑ってかかるべきだと思います。
相場の世界で「寄らば大樹の陰」という発想は実はとても危険である!

日本一潰れないと考えていた企業が何故今倒産もありえるような「まさか」が起こっているのだろう?
その理由は、皆が日本一潰れないと硬く信じて疑わなかったからだ!(はあ?)
本気で言っていますけど、もう少し理詰めで考えてみます。

東京電力はJAL以上の安定企業であり、大学生の就職希望ランキングで何度も1位になったJALの人気には負けるが、とても人気のある大企業ですね。

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 21:23 | Comment(4) | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

他人の話を鵜呑みにするな!バフェットのリップサービス?サルコジのポジトーク?政府東電の大本営発表?

原発の放射線漏れに関して国民は正確な情報を必要としているにも関わらず、隠蔽・誤報・遅延を含む混乱した情報ばかりが発せられ、政府・自治体・学者・公益企業(東電)などの本来信用されるべき存在が緊急時にまったくアテにならないことを多くの人が痛感しているでしょう。

他人の話を鵜呑みにせずにどんな情報も自分のフィルターを通して解釈するしかないし、このような考え方に普段から馴染んでいる投資家は今回の非常時でも混乱は少ないかも知れません。(正解かどうかは別ですけど・・。)

ある意味1つ安心した(?)ことは、以前東電が10万倍の濃度を1000万倍と誤報したことです。
その判断力は別にして(笑)、100倍多く間違えて公表してしまうのだから、数字を過小に改ざんして大本営発表していることはなかろうと・・。(笑)
しかしながら、自治体を含めて規制値を越えた場合の公表はタイミングが遅いし、その間言い訳を考えるために時間を費やしているのかと思いますが、「直ちには健康に害はない」と決まり文句を述べるばかり・・。(便利な言葉ですよね、即死しないと言っているだけ?)

福島原発の放射線が東京の水道から始まり、関東・東北の野菜・牛・魚へと汚染が拡がるばかりですが、昨夜から低レベル汚染水の海への放出を始めました。
海では拡散されるから魚は食べて大丈夫と言っていましたが、茨城県沖の魚で高濃度の放射線が検出され、政府がまた「想定外」とほざいた矢先にこの決定です。

原発推進派の学者のポジショントークを真に受けて全てを過小評価して、では一体何が「想定内」なのか聞いてみたい!

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 14:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

ニッポンよ、復興し未来を築くには古き良き日本に立ち返ることが大事と勘違いしてないか?

「今ひとつになる時」「日本の強さは団結力」「みんなでやれば乗り越えられる」「絆を取り戻せ」等のスローガンが繰り返され、戦後の復興になぞらえて日本人が失ってしまった連帯・団結心を取り戻せば復興できるかのように語られることが多いように思うのは私だけでしょうか?

非常事態で皆が悲しみ下を向いている時に、日本人の国民性の良い面を敢えて強調し、我々日本国民は今までの困難と同様に今回も乗り越えられると鼓舞するのは至極当然だと思います。

しかしながら、これまた日本的に繰り返しワンパターンで強調するものだから、復興のために一番重要なことが団結心(連帯・協調性など似たような言葉)を高めることであり、1つになって団結できれば復興できるかのような単純な話に聞こえてしまう。

洪水のようなACジャパンの洗脳CM攻撃も刷り込みに貢献していると思いますが(笑)、3.11の大震災と2次災害である原発の放射線漏れと3次災害である計画停電も含めて大きな衝撃が次々に起こり、3.11前のことを記憶から薄れさせたことも大きいのかなと思います。

しかしながら、思い出したくなくても冷静に過去を振り返ってみると、バブル崩壊から失われた20年が過ぎ、リーマンショック後の不況からまだ立ち上がっていない状況で、今回の3.11が起きました。

もう少し直近だけ振り返ると、巨額財政赤字を抱える日本で、歳入よりも国債発行額が上回る規模の予算案が与野党でまとまらない中で、3.11が起きました。

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 21:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | 放談雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

新年度がスタート!自粛ならぬ"他粛"を排し、花見禁止の全体主義を復活させるな!

2011年度が今日から始まります。

3.11の衝撃は大きく原発問題も現在進行形であり、簡単に気持ちを切り替えるという状況ではないと思いますが、新年度をきっかけに少し日本のムードを変えたほうが良いと思います。

4月は花見の季節ですが、さすがに今年は桜の木の下で酔っ払っている場合ではないと考える人も多いと思います。
しかし、それをお上が決めて号令を掛けて良いのだろうか?

連帯感がどうの?戦争の時はみんなこらえた?負けたけど日本人の連帯感は美しかったとか、トップが言って都が管理する公園は花見宴会の自粛を求めています。(区や国営の公園は制限していない。)

これでは気持ちの悪い全体主義である。
桜の花が美しいことには異論を唱えないが、花見を日本人全員が自粛するのが美しいと判断するのは個人の美学であって、他人に強要すべきものではない。

いや私はむしろ「右向け右!」「回れ右!」に美を一切感じない。
これでは「自粛」ではなく強制される「他粛」である。

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 13:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 放談雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする