2012年06月27日

「消費増税の前にやるべきことがある」という小物政治家の一つ覚えに希望は見えない!?

言いたい放題の巻!

消費増税関連法案が昨日衆議院で賛成多数により可決されました。
「賛成」「反対」意見は様々あるでしょうし、総論や方向性では一致しても各論では異なる場合もあるし、民主党による数々の公約違反が更に問題をねじれさせていると思います。

しかしながら、民主党内で小沢派が繰り返すなんとかの一つ覚え「消費増税の前にやるべきことがある」という決めゼリフに思考停止を感じてしまう。

小沢氏の会見も見ましたが、何も目新しいことは言っていないし、一生懸命理屈をこねているからなのか?加齢なのか?話に「あ〜」「う〜」が多過ぎて、これでは単なるわからずやで頑固で脳細胞もかなり死滅してしまった老害です!?

増税しないと約束して政権を取った民主党が増税を決めるのは民主主義に反するという小沢氏の指摘はその通りですが(またそれが賛否や議論を複雑にしているのですが)、馬鹿げたマニフェストを中心になって作って与党内に居ながら実現に向けて何の努力もしてこなかった(と私には映る)小沢氏も民主主義を冒涜したA級であり、彼が新党を作っても実現は出来ないと見るのがまともな民意でしょう。

「増税の前にやるべきこと」なんて言っていたら、この国では後百年増税できないかも知れないし、財政赤字をここまで膨らましてきて今後も更に膨らます「無責任」な逃げ口上以外の何者でもない。

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 14:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

MSCIが韓台の先進国格上げとギリシャの新興国格下げを先送り!んなこたー投資家が決めようぜ!

特にインデックス投資の中では極めてメジャーですが、世界各国を勝手に「先進国」だの「新興国」だのと分類して株価指数を算出しているMSCIが、またもや韓国と台湾の「先進国」格上げを見送り・先送りしました。

韓国は4年連続、台湾は3年連続で格上げ方向の見直しが行われましたが、残念来年も引き続き見直すそうです。

本当にマジメに見直してんのか?
何度も落とすことで自分たちを権威付けようとしてない?(そこに利権なんかも生まれちゃったりしない!?)
日本相撲協会の横綱審議と比較して、密室・不明瞭度合いはどちらが上だろうか?

個人的意見ですが、韓国と台湾はさっさと「先進国」に引き上げるべき。

別に肩を持っている訳ではなく、どちらかと言うとその逆で、私は「新興国」市場に連動する指数は買いたくても、韓国と台湾の指数は買いたくないからです。(正確に言うと、韓台の高比率が気に入らない。)

「先進国」への格上げが検討される程だから、新興国市場の中での組み入れ比率もトップクラスであり両国で約25%を占めています。
新興国インデックスの投信でもETFでも、買えば全体の1/4は韓国と台湾株を買っていることになり、バランスが悪い。

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

ギリシャで首の皮一枚踏み止まった民主主義!?頑ななドグマに精算を迫られる時代?

パルテノン神殿から最後の最後で救いの手が差し伸べられたのか(!?)、ギリシャ選挙は緊縮派で旧与党の新民主主義党が勝利し、EURO2012ではギリシャがロシアを破ってベスト8に進出と2つの好結果がもたらされました。

しかも、22日の準々決勝はドイツを相手に戦うという、政治でもメルケルドイツと戦う(?)ギリシャとサッカーが奇妙な符合を見せてくれます。
スペイン・イタリアも南欧ラテン系は決勝進出を決めましたが、ギリシャはサプライズであり、競技場でドイツとの代理戦争(?)はイロイロなものを賭けて、もとい懸けて盛り上がりそうですね!?

ギリシャの民意は緊縮でもユーロ残留を支持したことになりますが、得票率は第一党が29.7%に対し急進左派は26.9%と肉薄し、まさに雌雄を決した、つまり不安定に「民主主義」が首の皮一枚で未来に一縷の希望を繋いだと言えるのかも知れません。
(サッカーでギリシャが勝てば反緊縮が勢いづくという私の予想は当たったのか外れたのか?)

大体ギリシャの選挙は第一党にポーナスポイントで50議席が上積みされるって仕組みは何やねん?テレビゲームで遊んでるんじゃねえんだぞ!

ところで、日本では世間を騒がせた新興宗教の指名手配犯が次々に逮捕されていますね。
過去の過ちに対して精算と総決算を求められている時代なのかも知れませんね。

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

17日は運命のギリシャ再選挙!16日のEURO2012でギリシャが勝てば反緊縮が勢いづく!?

いよいよ運命のギリシャ再選挙が明日に迫りました。
盛り上がって参りました・・orz。

以前から言っていますが、問われているのはギリシャの破綻という小さな(?)問題ではなく、地球上の「民主主義」というイデオロギーや仕組みそのものの瓦解なのかも知れません・・。

民主主義が死に場所を求めているなら、ギリシャの地はその墓を建てるのに相応しい場所ではあるが、相応し過ぎてこの物語はあまりに出来すぎているので違う展開を期待したい。
アテネで生まれた民主主義はその民度に従い、アテネの地で2012年6月17日に永眠す・・、じゃ困るのよ!?

ギリシャ国民がどのような選択をするのかは蓋を開けてみなければわかりませんが、私は世界が固唾を飲んで見守るギリシャ選挙結果を予想する意外な材料を見つけましたよ!

それはなんと、16日に行われるEURO2012のギリシャvsロシアのサッカー試合結果です!

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

野球で言えばマンU香川はイチロー、本田は松井タイプ!?日本代表トップ下はどっち?

スペインねたもギリシャねたも書く気がしないので、緊張感なくサッカーねたを!?

香川がプレミアリーグの雄、マンチェスターユナイテッドに移籍だって、スゲー!
確かに始まりに過ぎないのだけど、日本人選手がマンUのユニフォームを着てベンチに座っているだけでもサッカー後進国日本の到達を感じてしまう。

ファーガソン監督も香川のプレーを甚く気に入っているようだし、ルーニーとコンビを組むマンUトップ下のスタメンに日本人が名を連ねる可能性も決して低くはないでしょう。(過度の期待は禁物ですが・・。)

香川の世界的評価が高まれば高まるほど、日本国内での本田に対する高評価は世界とギャップが大きいように感じるし、私も感じている本田>香川の評価はサッカーを見る目も日本がガラパゴス故だからか?

全くタイプが異なるので単純な比較はできないが、総合力では本田の方に点数を付けるし、ザッケローニがトップ下に香川ではなく本田を使い続けるのも当然だと思います。
私見では香川がトップ下に入るとしたら、宮市と宇佐美が成長した後に両サイドに配置して、本田がボランチかトップに入って超攻撃的布陣を敷く場合でまだ先ですね。

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

ギリシャ選挙を1週間後に控える緊張のユーロで盛り上がるのはサッカーかよ!?

サブカルチャー大国日本では先週AKB48の総選挙が盛り上がっていましたが、世界に目を向けるとギリシャの再選挙がいよいよ1週間後に迫って来ました。
こちらも盛り上って参りました・・orz。

週末にはEUがスペインの金融機関救済に最大10兆円支援の方針と伝わりましたが、今EUが必死にスペインの火消しを急いでいるのも何が起こるかわからないギリシャ選挙前にユーロ圏の懸念材料を1つでも潰しておかないと大変だと思っているからです。

一方、先週利下げを発表した中国は市場に景気減速を強く意識させて逆効果となりましたが、週末に発表された経済指標はやはり冴えませんでした。
スペインねたを好感して若干リスクオンに傾いても、ギリシャ選挙直前の週では様子見・警戒ムードが崩れないのでは・・?

でも、ギリシャ選挙結果が判明すれば市場が即反応するかと言えば、市場が一番懸念しているのはギリシャのユーロ離脱なので、その後のギリシャ政権の出方が直ぐには読めない可能性も高い。
更に、来週前半にはG20首脳会議、米FOMCと大きなイベントが用意されていて、ギリシャ選挙結果を受けてこれらの会合の内容・結果も変わり得る可能性もあります。

その後も月末にはEU首脳会議があるし、6月中はずっと霧が晴れない可能性も高いし、逆に言えば17日の結果が市場にとって好ましくないものでもフォローするイベントは連続で用意されているとも言える。
(勿論、ギリシャに借金を、オイオイもとい、火に油を注ぐリスクもあるけど!?)

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

TOPIXの失われた30年!?ソニー・パナソニックの歴史的安値もギリシャのせい?

今週初めのTOPIXは前週の米国株急落の影響等でバブル崩壊後の安値も下回って、なんと1983年12月13日以来の28年ぶり歴史的安値を付けました。

これはなんとも残念なTopics(話題)ですね!?

1983年は、東京ディズニーランドが開園し、NHKで「おしん」が放送され、任天堂がファミコンを発売し、食品では「アクエリアス」「カロリーメイト」が発売された年です。

28年の歳月を感じるような感じないような、でも日本が右肩上がりの真っ最中だったなとミッキーとマリオに感じる訳です!?

よく考えると(いや考えなくても)、ファミコンが新発売された頃に東証一部上場企業の株を買って、成長を楽しみにタイムカプセルに入れて28年後に掘り出してみたら、全く増えも減りもせず当時のままだったという凄い状況です。

TOPIXの失われた30年の株価はどの「病み」、もとい「闇」へと消えてしまったのか?

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

楽天の三木谷氏が発足させた「新経連」は重厚長大の遺物「経団連」を葬るか?

楽天の三木谷社長が代表理事となり、約780社が加盟する「新経済連盟」(新経連)が発足しました。
ネット関連の業界団体「eビジネス推進連合会」を名称変更し、ネット企業以外にも門戸を開いて新団体に発展させたようですが、今のところ具体的に何をやるのかはわかりません。

活動内容には「eビジネスに関する政策提言」を謳っていますが、理事にはサイバーエージェント藤田社長やライフネット生命の岩瀬副社長などネット業界では割と有名な方が名を連ねています。
三木谷氏は「経団連に対抗しようとは全く思っていない」と語ったようですが、新経済連盟という大仰なネーミングにもその野望は垣間見えます。

三木谷氏の楽天は東京電力を庇い原発再稼動を唱える「経団連」に愛想を尽かして三行半を突きつけて昨年6月に退会しています。
東京電力の社長に経団連の副会長のポストが紐付きで割り当てられて、個人の能力や実績とは関係なく会社の知名度・大きさで序列の決まる重厚長大で溺れそうな昭和の遺物「経団連」。

そんな訳わからん序列の頂点に立つ70代の会長さんは、発言の質以前に何を言っているか聞き取れない・・。

40代の三木谷氏に「経団連」がセピア色に霞むくらいに物申して頑張ってもらいたい!と言いたいのだが・・時期尚早?

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 13:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする