2012年07月26日

スペイン無敵艦隊から火の手が上がると日本の大手電機メーカーが炎上す!?

ネタ盛り沢山の欧州債務危機は一向に収まらず、スペイン国債の利回りは昨日7.7%まで上昇しました。
不動産バブルに踊ったバレンシア州やカタルーニャ州の地方財政危機で、支援せざるを得なければ結局はスペイン国家の危機であり、更にその国を支援せざるを得ない欧州の危機です。

隊列を組んだスペインの無敵艦隊の中で、バレンシア号やカタルーニャ号から火の手が上がり、それを救えば国家まで沈みかねない、つまり無敵艦隊の敗北(自滅)も招きかねません。

欧州も同じ構図であり、スペイン・イタリア・ギリシャ等から火の手が上がり、火消しのために湯水のごとくマネーを穴の空いたバケツに注ぎ込めば、欧州全体が炎上しかねない・・。

更には世界も同じ構図ではあるのですが、スペイン無敵艦隊から火の手が上がったから日本の大手電機メーカーが炎上したって責任転嫁はちと苦しい!?

スペインがちょっと油を注いでくれたかも知れないが、出火原因は電機メーカー自らにある!
シャープ・ソニー・パナソニック・NEC等の日本を代表した(?)電機大手の株価の落ちっぷりは日本のどんな未来を映し出しているのだろうか?

今や投機筋が「目の付けどころがシャープでしょ」とばかりに売り浴びせられて株価がシャープな急落です!?
「目指してる、未来がちがう」って、急降下でどこに向かってるんだ!?

シャープの時価総額がグリーやしまむらを下回ったなら、シャープの復活も期待するけどグリーやしまむらに伸びて貰って、隊列を変えながら新陳代謝しながら日本株式会社としては無敵艦隊を復活させることを考えようよ、ニッポン!

30年前のビッグネームにしがみついて寄りかかっているから、日本株式会社とそれに対する評価である日経平均やTOPIXも無敵艦隊ならぬ浮上せず海底を這う潜水艦になっちゃった訳で!?
スペインのせいではなく自らのせいであり、スペインが少し油を注いだかも知れないが火の手が上がったのは日本国内であり、火を放ったのは自らの過失であることを誤魔化して責任転嫁すべきではない!

反省すべきはシャープだけでなく、日本全体が目の付けどころも目指す未来もなく、過去の栄光にしがみついて何も考えずに浮遊して来ただけで、尚且つこの期に及んだ今でさえも未来志向が著しく欠如していることだ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 韋駄天太助 at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

国民の健康は脅かすが東電病院で社員の健康は過保護ね!?ポッケから抜き取った電気料金を大切に!

言いたい放題の巻!

東京電力の家庭向け電気料金が8.47%の値上げで9月1日から実施されます。
これでも、東電希望10%超の値上げ申請からは圧縮されていますが、騒いでいる消費税以上のアップであり、節電努力をしても不況下で家計に痛いのは間違いありません。

消費税と同じで、消費者に負担させる前にやることがあるだろ!まず身を削れと皆が思っている訳ですが、この会社の体質も簡単には変わらないようです。

驚くのはこの期に及んで、東電は健康保険料の企業負担割合を60%で原価に算入して、社員・家族・OBだけが利用できる「東京電力病院」も売却対象資産には含めず、この東電様専属病院の維持管理費7億3千万円も料金原価に含めていたというから開いた口が塞がらない!

結局はお上に指摘されて、健保負担は法定50%に、東電病院も売却の方針を打ち出しましたが、消費者に10%の値上げを強いる前に何故自主的に過剰な福利厚生を圧縮するというまともな神経を持てないのだろうか?

東電の経営陣はせっかくだから売却するまえに東電病院でアタマとココロの問題を診てもらった方が良いのではないか!?

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

6億6億!と射幸心を煽る品のないBIGのCMは団塊・バブル・ゆとりのパロディー?

言いたい放題の巻!

最近のテレビCMは1回受けると同じタレントが別のCMでも多用され、何度もウンザリする程似たようなキャラで登場するように思います。

AKB洪水CMもそうだけど、しつこいのが高田純次。
お笑いタレントとしては独特のセンスがあり決して嫌ではないのだけど、佐々木希に下ネタで絡む品のない元気な団塊オヤジキャラでウィルコムのCMが何度も流され、これが受けたのかやたらとCMで起用され始め、極めつけがBIGのCM。

6億6億!とギャンブルを煽るBIGマンに扮して、街で通行人をそそのかしてBIGを買わせて高笑いをする品のないキャラでCM。

BIGを販売しているのは独立行政法人の日本スポーツ振興センターで、この独法の役員には文部省や大蔵省からの天下りもいるようですが、官がこんな品のないCMを全国に垂れ流していいのか?

私が品を言う立場にないが、TPOはわきまえろと言いたい。

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 13:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

「佑ちゃんはなんか持ってますね」と強制同意を求める日本的閉塞感を打破しよう!?

言いたい放題の巻!

高校野球では今や球界のエースとも呼ばれる田中将大に延長再試合で投げ勝ち甲子園優勝投手になり、東京6大学リーグでも早大で1年生から活躍して鳴り物入りでプロ入りした日本ハムの斎藤佑樹投手。

上品で真面目な「ハンカチ王子」の優等生キャラもあり、そのフィーバーぶりは甲子園からプロ入団後も衰えませんでしたが、2年目の現在は少し沈静化した感はあります。

ストレートに言えば、実力と人気の間にあった大きなギャップがようやく解消されたと言う感じでしょうか?
ハンカチ世代には田中・澤村・マエケンと本格派のエース級が多い中、黄色い声を送る女性ファンは別にして、正直言って斎藤のストレートの威力と変化球で交わすピッチングにプロの投手として今のところ魅力は感じない。

しかしながら、ダルビッシュが抜けた後に開幕投手に指名されるなど新監督の期待も高く、世間の注目も未だに高い。

まあ、実力と人気が一致しない選手が居てもいいし、その逆に実力はあるのに人気はさっぱりとか、逆に嫌われキャラの選手もいる訳で構わないのだが、「佑ちゃんはエースでなければならない」という勝手な空気を重苦しく感じるのは私だけだろうか?
(余談だが、期待した若いエースが開幕で勝ったり、若い4番がホームランを打っただけで感動して泣いてしまう新監督もプロとして如何なものか?高校野球ですか?)
続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

カブコムFXが現金不要の代用有価証券だけで取引可能に!投信を担保にできる優位性!

カブドットコム証券は店頭FXと大証FXの証拠金に有価証券で代用できるサービスを以前から提供していましたが、必要証拠金の30%は現金が必要という痛い(?)縛りがありました。

私はかつて何度かカブコムFXの取引を検討しましたが、1銭も現金が必要ないことを重視しているので、他に様々なメリットがありつつも断念し、代用有価証券はマネーパートナーズを利用することにしました。

ところが、7月2日から現金必要の縛りを撤廃し、代用有価証券(評価額の70%)だけで取引可能に条件が改善され、マネーパートナーズと同じ条件になりました。
(カブコムが意識したのはSBIのFXだと思いますが・・。)


こうなると、カブコムFX代用有価証券の以前からあったメリットが際立ちます!続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 11:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

不正満載の英米金融資本主義とええじゃないか音頭の金融社会主義ニッポン!?

金融庁が増資インサイダー問題を受けて、国内の大手証券12社に情報管理体制の点検と結果報告を命じました。

インサイダー疑惑を抱えた組織に、性善説で自主的に調査して報告せよと命じて、アウトローなアウトサイダー達が包み隠さず報告するのかは甚だ疑問ですが(笑)、監督官庁の金融庁も見て見ぬふりをしていただけの金融社会主義国家ニッポンがお茶を濁すための茶番劇とならないように願います!?

言うのも馬鹿馬鹿しいのですが、自由公正な金融市場の番人たる金融機関が市場を歪めて不正に市場から(つまりは個人投資家から)搾取して利益を得た罪は大きいし、資本主義国としての恥である。

気付いてはいるけど、天下り先には甘くて見て見ぬ振りしてきた監督官庁や証券取引所を含めて金融社会主義ムラ体質が不正を育んでしまったのではなかろうか?

個人投資家を軽視して食い物にする証券市場を正せないのに、「貯蓄から投資へ」と国を挙げて叫んだところで、ウサンクサイ金融機関から身を守るためには「貯蓄」一本槍の典型的日本人体質がやっぱり正しいということになるし、証券会社が「株屋」呼ばわりされるのも自業自得である。

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする