2012年09月27日

二大政党の代表選に未来の希望は見えたか?維新に取り敢えず日本をかき回して貰おう!

言いたい放題の巻!

民主党の代表選に続いて、自民党の総裁選が行われました。
この“一応”二大政党の党首から次期総理大臣にスライドする可能性も高く、国のリーダーが選ばれる極めて重要な選挙と言えばそうかも知れません。

しかしながら、国民が投票する訳でもなく、メンツ的にどうにもこうにも興味が惹かれず、メディアに登場する各候補者の考えなど殆ど聞いていません。(ないものは聞けないって話もありますが・・。)
両党で総理大臣候補9名いた訳ですが、民主党4名による党首選の方が地味でパッとせず相変わらず人材のなさを感じさせましたが、「金太郎飴」度合いでは負けず劣らずだけど自民党5名の党首選の方がエンタメとしては面白かったかな!?

政策はあまり聞いていませんが、フワフワと「凛として力強い日本」だの「ジャパン・アズ・ナンバー1」だの「美しい海を守る」だのと何をするのかわからないが耳に心地の良い言葉だけ並べて、なるほど下野して「自民党・アズ・ナンバー2」に甘んじている無策の現状をよく表わしている!?

尖閣を買おうと引っ掻き回した某知事の息子さんもバブルの頃の「ジャパン・アズ・ナンバー1」を持ち出すなら、親父さんの「Noと言える日本」を持ち出して欲しかった!?
日本が坂の上から転げ落ちたことは「変われない」自民党にも多大な責任があるのに、失われた目標を時計の針を戻して道を引き返して追いかけようという発想ではますます遠ざかるだけでしょう。

挙句の果てに自民党総裁に選ばれたのは、「美しい国 日本」を唱えていて今は「美しい海を守る」とおっしゃる元総理の方ですか・・。
(ヘドロの海でも領海内なら守らなきゃいけないのに、なんでも「美しい」を持ち出す人は論理性が欠如していないだろうか?)

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 15:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

「敬老の日」は起源の「としよりの日」に戻せ!日本の「軽老」も真剣に考えよう!?

言いたい放題の巻!

今週月曜日は「敬老の日」でしたね。

また(?)ヒンシュクを買うかも知れませんが、国家が祝日を定めて年寄りを敬うことを国民に強制するのは如何なものかと思わないでもない!?
それなら、(祝日ではないが)「父の日」「母の日」も押し付けがましく「敬父の日」「敬母の日」でええやん?

と疑問に思ったら、祝日に制定される前は「老人の日」で、更にその前は昭和22年に提唱された「としよりの日」が起源なんだそうな。

「としより」という表現がよくないから昭和39年に「老人の日」に改称されたそうですが、「老人」より平仮名で「としより」の方が柔らかくて親しみがあって良いと思うけど。
じゃあ、「敬老の日」は元に戻して“お”を付けて「おとしよりの日」に名称変更しよう!?

何故こんなことをいうかと言えば、「敬老の日」も日本をがんじがらめに呪縛する「インチキ儒教」の形成に大きく寄与していると思うから・・。
年を食ったという一点の事実を以って敬うべき存在に思考停止で置いてしまうのは、置かれる側も迷惑しょう。

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 12:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

バーナンキがQE3をQP3分クッキングで料理!?凛として力強いFRB!?

いやー来ましたね、IPhone5じゃなくてQE3!

バーナンキのQP3分クッキングで今日はQE3を作りましょう!
こんなものは勢いだから、会議3分間で決めてドッカンドッカンとヘリコプターで米国中にばら撒けばいいんだよ。
タラッタタタター!タッタッタッター!はい、QE3一丁あがり!
と、豚の生姜焼きを作るみたいにお手軽・安易・いい加減に決めた訳ではないでしょう・・。

3分で重要事項を決められそうな「凛として力強い(←どっかで聞いた言葉)FRB」を褒めているんですけどね。(施策が正解かどうかは別にして)
マーケットは当然の如くQE3に浮かれていますが、米国はこの後に大統領選挙そして「財政の崖」問題も控えています。
だからこそのドッカーン先制パンチでQE3なのでしょうが、実体経済に大きな効果があるのかは私も懐疑的です。

現状4年何ヵ月ぶりかの高値を付けているNYダウは間違いなく押し上げられているのだけど・・。

QE3祭りの現状でちょっと懸念するのが、世界で拡がる各種デモ・・。
大きいのが、ムハンマド中傷映像をきっかけにイスラム圏を中心に拡がる反米デモと尖閣国有化で加熱している中国の反日デモの2つ。
更には、香港では日用品を買い漁って本土で転売する運び屋に抗議する反中国デモがあり、ロシアのモスクワでは反政府デモも起こっているようです。

宗教・領土・内政など4つのデモに関連はないのですが、特に大規模化しかねないイスラム教の反米デモ・領土問題での反日デモが同時期に起こっていることが気になります。
更に言えば、日米の選挙結果にも大きな影響を与えかねず、そのタイミングの悪さも気になります。

「凛として力強い日本」でも「美しい海を守る元総理」でもQP3分クッキングで領土問題を料理することはできない・・。
取り敢えず今週は、卑屈で弱腰ではなく「凛として力強い日銀」白川総裁の大和魂が見てみたい!?

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 韋駄天太助 at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

ユーロMMFが繰上償還!ユーロだからMMFだから安心という固定観念がもたらした!?

ユーロ建てMMFが繰上償還や買付停止となる異常事態(?)が起こっているようです。
大手3証券の中で、野村證券だけは通常通り買い付けできますが、大和証券は10月31日に償還することを決め、SMBC日興も新規買付を停止し12月6日に償還すると発表しました。
ユーロの短期金融市場での金利低下により運用が困難になった為です。

大手証券ではなくネット証券で買っているから大丈夫ではなく、例えばマネックスでは外貨建MMFで日興だけを扱っているので、マネックスでユーロMMFを購入している全ての顧客が償還を食らう訳で、ちょっとビックリの事態です。

犬が人を噛んでもニュースにならないが、人が犬を噛んだら・・・。
南アランドMMFが繰上償還でもニュースにならないが、ユーロMMFが・・・。
ちょっと例えがイマイチ!?南アランドなんて最近ユーロより大人しいし!?


続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 12:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

日本は特例公債法案通らず、米国は「財政の崖」で2012年の民主主義リスクは続く?

野田総理に対する問責決議が可決されたので、特例公債法案の成立が難しくなり、赤字国債の発行ができなくなり、ない袖を振るという「インチキ」もとい「夢の財源」が使えなくなったので、政府は9月以降の予算執行をできる限り先送りするそうです。

まったく永田町の茶番劇は・・という何百回と繰り返される一向に効果のない批判は、国民の正義の味方で眉間にしわを寄せたみのさんや古館さんに任せるとして・・。

大学や地方自治体への交付金等なるべく影響の小さいところで先送りするようですが、年金の支給も数週間遅らせる等のショック療法もやった方が良いのではないかと思いますけど!?

この話を殊更掘り下げたい訳ではなく、このニュースで私は俄然米国の「財政の崖」問題が年末に向けてクローズアップされるのではないかと連想しました。

●欧州の財政問題に大きな焦点が当たっているが、日米でジワジワと財政問題が懸念され始めていること
●日米どちらも「ねじれ国会」が問題に拍車をかけていること
●日米ともに大きな選挙を控えて、大衆迎合で歳出抑制に動けないこと
●大きな意味では、日米欧揃って「民主主義」の堕落が社会を閉塞させていること

勿論、日本で特例公債法案の成立が遅れることと、米国の「財政の崖」問題は次元の違う話ではある。
でも、日米の財政問題はこのところシンクロして問題が表出しているように思います。
(同時期に、日米で似たような問題がクローズアップされることが多いと思う。)

米国で減税措置が切れて歳出の大幅削減が重なる「財政の崖」を回避できなければ、13年度の米GDPはマイナス0.5%に落ち込むと予想され、世界経済への悪影響も極めて大きいと予想される。

今年も残り4ヵ月ですが、大統領選が11月6日で、「財政の崖」が現れるとしたら来年1月2日というタイミングもなんとなく不気味なんですよね・・。

2012年12月に「終わり」を刻んだマヤ暦は、2013年1月にこの「高い崖」が見えていたのだろうか!?
激動の(←勝手に決め付けていますが)2012年も、泣いても笑っても残り4ヵ月です。

何かの終わりはきっと何かの始まりだし・・。
迷わず行けよ、行けばわかるさ!?

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 韋駄天太助 at 14:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする