2013年08月27日

昭和から平成の歌姫に紡がれる才能と母娘のアンビバレントな葛藤と消せないブラッド・・。

(投資には関係ない話。)

芸能ニュースに関してノゾキ趣味はないのですが、先日元歌手の藤圭子さんが亡くなられました。
彼女に関して知っていたことと言えば、宇多田ヒカルの母ということと、「圭子の夢は夜ひらく」というヒット曲と、同じ相手と離婚・復縁を何度も繰り返していたことと、カジノ資金何千万円を持ち歩きアメリカの空港で没収されたことくらい。

ぶっ飛んでいる人だなあ程度の印象だったのですが、芸能ニュースで知る限り本当に波乱万丈の人生で色々と考えさせられました。
18歳であの歌を情感たっぷりに歌い多くの人の心を震わせたのだから、色々と突き抜けている部分があって当然でしょう。
(どこまでが固有の性格で、どこからが病気なのかは、本人にも周りにも病院の先生にも正確にはわからないでしょう・・。)

でも、正直言ってあの曲は一回聴けば充分で、何度も聞くと私はウンザリしてしまう・・。
歌い手は素晴らしいけど、演歌特有(日本特有?)のマイナス感情にどっぷり浸かったジメジメっぷりに窒息しそうな空気を感じてしまう。

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

i-mizuhoインデックスシリーズの22本が登場し、うち株式9ファンドは本日8月26日から取扱開始!

みずほ銀行とみずほ証券の連名で本日正式にi-mizuhoインデックス22ファンドの取扱開始がリリースされて、両社のHPでも投資信託の新商品として大きく扱われています。
同時に運用会社であるブラックロックのHPでも大きく扱われ紹介されています。

22本もあるのでファンド毎に羅列しませんが、興味ある方は詳細につきブラックロックのHP(↓)かみずほ2社で確認ください。
http://www.blackrock.co.jp/featured/i-mizuho/About-i-mizuho/index.htm

22本のファンドは取扱開始日が以下のように異なっています。
・「株式」9ファンド        :8月26日(月)
・「債券」8ファンド        :9月 9日(月)
・「リート・コモディティ」5ファンド:9月20日(金)

さらりと株式ファンドは本日から買えるようになっていますが(笑)、事前の具体的告知もなく本日の正式発表で今日から買えますってのはメガバンクなのに?メガバンクならでは?
本日ファンドに買いを入れた一般人が居るのでしょうか?

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

米長期金利上昇でNYダウも夏バテの8月で9月FOMCではQE縮小!?

私のNYダウも日経平均同様に”Sell in May”説(=5月天井説)は虚しく敗れ去り、サマーラリーで7月中旬から8月上旬にかけてダウは15,500を越えてきました。
しかしながら、8月に入ってからは初旬に15,600台の天井を付けた後に順調な右肩下がりで昨夜の19日は15,010で引けて大台割れまで後一歩。

15,000レベルは7月初旬の水準であり、5月上旬の水準でもあります。
よって、私はダウの”Sell in August”説に転向します!?
理由は簡単です。
ダウは昨年11月中旬から8月初旬の10カ月近くに渡り上昇を続けて、来月にはQE3縮小も予想されているから・・。

昨日は米長期金利が2年ぶりの高水準である2.9%近くまで上昇し、ローン金利の上昇を通じて景気を冷やしかねないとリスク回避の動きになりました。
本来は日米金利差拡大から円売りドル買いの動きになるところが、リスクオフが意識されドル円も円安には振れていません。

8月は円高に振れやすい月と言われますが、今のところ97円台は7月末と同水準であり、今年はお盆に海水浴に行って帰ってきたらロスカットされていたなんて武勇伝(?)が生じる程の円高にはなっていません!?
残り10日間程で大きな円高が進むのでしょうか?進むとしたらNYダウの方向は?
日経平均の13,700円レベルも7月下旬と同水準ですが、これは7月の安値でもあり、ドル円の動きに似た軟調な展開です。

米長期金利が更に上昇すればリスク回避の動きも更に大きくなりかねません。
明日21日は7月FOMCの議事録公表でQE緩和を読み取り市場が振れる可能性があり、今後1カ月間は縮小決定の可能性が高いと言われる9月FOMC(17-18日)を前に警戒ムードが拡がる可能性があります。

そう言えば、”Sell in May”の格言は”St Leger Day”という9月第2土曜日に行なわれる競馬開催日まで相場に帰って来るなと結びますが、今年の9月第3月曜日は15日であり、今年はまさに9月FOMCの前に相場に戻って来いと言っているのかも知れません!?

これから約1カ月間の相場はQE縮小のネタを中心に大きな波乱となるのでしょうか?
“Sell in May”が外れているのに、お尻の相場に戻る時期だけ当たるってのも都合の良い解釈ですね!?
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 韋駄天太助 at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

戦後68年目夏の経験なき大雨・猛暑と事故2年半後の垂れ流し放射能汚染水は同根のツケ!?

(投資には関係のない話)

いやー本当に暑いですね。
高知と山梨は最高気温が2日連続で40度を超えたようで、甲府の40.7度は国内観測史上第4位の快挙(!?)だそうです。

参ってしまう異常な高温多湿もモノは考えようで、無料の天然サウナで水風呂でも浴びてればサウナ代が浮いて健康増進でラッキーぐらいに無理矢理でも考えたほうがいいですね!?
(無料だからサウナ室内で睡眠みたいな状況だけどね!?)
そうも気楽に言っていられない危険な暑さではあるので、熱中症には注意しましょう。

その一方で、つい2日前には秋田で「経験したことのないような大雨」が降り、7月から九州・中国地方など各地で未体験ゾーンの大雨が日本を襲っています。
経験したことないのだから観測史上初とか最大であり、今夏は日本中で異常気象の極みが観測されていると言っても過言ではありません。

投資家なので相場のイベントと重ねてしまうのですが、リーマンショック以降あたりから異常な猛暑とか大雨等の異常気象が富みに増えたように思えます。
お天道様のやる事は我々人間にとって不可抗力だから・・って、本当なんでしょうか!?

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放談雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

NISA制度に複数口座は必要ない!?利便性が悪いから業界の過当競争で投資家にメリット!

NISA!ニーサ!と世間は盛り上がっていますが(?)、野村アセットマネジメントが7月に実施した調査では、NISAの認知率は約4割、うち「名前も内容も知っている」率は17%、「利用したい」意向は15%だったそうです。

一般の3万7千人に対するネット調査の結果なので、15%は高い数字でしょうし、金融業界がNISA制度によって作り出されるかも知れない1千万人規模の新需要獲得に躍起なのも自然かも知れません。

ネット証券がシステム対応コストに見合わない制度と消極的だったのが嘘のようにニンジンをぶら下げてフライング的獲得合戦を展開しており、メガバンクまで巻き込んで、第一生命まで「冷やし中華始めました」みたいに気楽なノリで(?)NISA口座を始めちゃうほど、金融業界全体でNISAお祭り騒ぎを演出しています。

ところが、NISA制度自体は細かい内容でまだ不明点があったり、制度自体の使い勝手の悪さが指摘されていますが、これはグッドニュース!?

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 11:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする