2013年09月25日

半沢直樹と中野渡頭取と大和田取締役が居る「東京中央銀行」の株は買いたくない!?

前々回のエントリーでも取り上げた「半沢直樹」の最終回視聴率が40%を超えたようですが、その理由は簡単!
ここが日本で単に視聴率が30%を超えたから・・(以下略)。
まあ、1989年に日経平均が3万9千円を付けた理由に「ここが日本」であることを外せないのと同じですね!?

大和田常務を演じる香川照之の演技はさすがでしたね。
自分の高きプライドと格闘しながら嗚咽をあげて膝をつき半沢に土下座するラストシーンは時代劇で懲悪される側の大物そのものであり、視聴者が最後に大和田に求めるぶざまな格好悪さを、つまり視聴率の取り方をよく判っていますね。

さて、今回は視点を変えて、投資家目線で「半沢直樹」を見てみましょう。
半沢の居る架空の「東京中央銀行」株を買いたいでしょうか?
投資家目線で半沢直樹を評価すると微妙です!?
確かに彼は極めて優秀な銀行員というキャラ設定で銀行にとっての損失も取り返して企業業績に貢献しているはず。

でも、彼の主たるモチベーションは親父さんの仇を討つために大和田常務に倍返しで復讐することであり、そのために東京中央銀行に入行している。
会社の業績に貢献することよりも、私怨をはらすために銀行の業務や立場を利用しているのであり、投資家目線では迷惑この上ない行員である!?

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

リニア新幹線の採算性は疑問だが、名古屋はリニア便乗で日本2位を目指すしかにゃーで!?

2027年開業予定リニア中央新幹線の東京‐名古屋間のルートと中間駅が発表されました。
リニアを捻じ曲げて我がムラに駅を作れと、到達時間という最大の魅力の足を引っ張る「民主主義」の声を振り払い、ほぼ真っ直ぐに結び4つの中間駅も大きな都市ではない。
国や地方に口出しさせない代わりに、JR東海は総工費9兆円を全額負担するリスクを負います。

税金使わずに夢の500kmで東京‐名古屋間を約40分で結ぶなんて、誠に結構なことですね、JRさん、どんどんやって下さい!・・で国民はいいのだろうか?
採算取れなくて困るのはJR東海であり株主だけど、にっちもさっちも行かなくなり万が一、この会社がバターンとJR倒壊(!?)になってしまえば国が助ける=国民の財布から出すことにもなりかねない!

さて、東京を出発してルートの86%が地下かトンネルで、その中を時速500kmで疾走し、わずか40分後には名古屋に着いてしまう夢の乗り物に乗りたいでしょうか?
車窓を見る楽しみもないし、500kmで流れるトンネルの光を見ていたら目が回って気分が悪くなりそうだし、地下で500kmの疾走感を体感できるのだろうか?

リニアに一度は乗ってみたいと思うけど、富士山見ながら駅弁食って新幹線の方が断然いいでしょう。
JR東海はリニアを主にビジネス客と想定しているようだが、新幹線から客が移るだけなら売上増にはほとんど貢献しないし、大きな新規顧客増が期待できるのだろうか?


続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 19:43 | Comment(0) | TrackBack(1) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

視聴率30%の「半沢直樹」って本当に面白い?日本社会の病巣の倍返しだ!?

言いたい放題の巻!

TBSドラマの「半沢直樹」が大変な人気で終盤は視聴率30%を越えているようです。
理由は様々あるのでしょうが、私には30%越えの答えは簡単です!?
それは、初回から20%の視聴率+日本の付和雷同・村八分恐怖症の国民性で説明がつきます。
10%分は強迫観念や話題に乗り遅れたくない等の消極的理由で皆が見ているから私も見るのでしょう!?

だって、このドラマに国民の3分の1が熱心に見るような魅力がそんなにありますかね?
そういう私は全部見た訳ではないが、そこそこ面白いとは思いますが、まあバブルなしなら視聴率18%が妥当では!?
(って、普段ドラマはほとんど見ないので他との比較はできないのだけど・・。)

私がドラマ評論家風に要因を後付け解説すればこうなる。
続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 11:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

2020東京五輪に向けて"裏あり"の土建大国ではなく"おもてなし"の文化大国を目指せ!

東京五輪が決まりましたね。
私は以前もブログで公言した通り、東京開催に決してポジティブではありませんでしたが、熱心に招致活動された方は報われて良かったと思います。

ポジティブでない理由は沢山あるのですが、過剰に一極集中した首都「東京」という存在が日本の停滞を招いていると思うことと、地方分権して「画一性」から「多様性」に無理矢理でも振り子を振らないとこの国は再生しないと思うから。
五輪で東京が復活し日本が復活するなんて短絡的過ぎるし、50年前の途上国が貧困に描いた「坂の上の雲」発想と何も変わっていない!?

さて、東京五輪が決まった以上はビッグイベントを日本経済復活のために利用しなければなりません。
どうしても貧困な発想で五輪=インフラ整備=土建大国で経済成長という、いつか来た成功体験の道をそのまま貧困に描きたくなりますが、東京のインフラは既に充分整っており過剰な整備は必要ない。

自民党は地方(票獲得作戦ミエミエ)のコンパクトシティー構想を打ち出しており、東北被災地復興に加えて東京も五輪でガンガン公共工事を行うのでは日本中を掘り返す土建大国の復権である。
忘れてはいけないのは、コンパクトシティも地方の更なる過疎化を見据えたものであり、日本は既に人口減少社会に突入して今後益々加速していくこと。

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 11:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

TBSの人気司会者ハラスメント疑惑と過剰広告で見る気が失せたボクシング中継について

言いたい放題の巻!(to TBS)

一昨日、何年かぶりにボクシング世界戦を生中継で見たのですが、放送局は亀田3兄弟を独占しているTBS!
結果亀田の判定勝ちで3兄弟が揃って世界チャンピオンになるというメモリアルな一戦になったのですが、私は途中で見るのを止めてしまいました。

試合内容がつまらなかったからではありません。
それ以前に、過剰でけばけばしく品のない広告が目障りで試合内容に集中できないから。
冗談でもなんでもなく、背景の広告が邪魔でグローブの動きを追えない。

リングのマットにはでかでかと「世界バレー明日開幕!放送xx時」みたいなことが書かれてTBS様の翌日のスポーツ中継が宣伝されている。
その他にもリング上のロープ外側にも広告が並べられ、中には「○○買取り!」という類の物もあるし、選手のパンツにもこれでもかと広告が載っている。
後者はTBSとは関係ないかも知れないが、一番目立つリング上を押さえているのはTBSであり、この環境で中継した試合を視聴者に見てもらおうという神経が私にはわからない。

ビジネスだし広告入れるのは構わないが、限度や品ってものがある。
サッカーの試合は大抵企業のロゴだけで抑えられている。広告が試合より目立ってはいけないなんて当たり前のことだと思うが・・。
プロ野球の球場でも品に欠ける広告はあるが、ピッチングの中継に支障が出るようなキャッチャーの真後ろにデカデカと品のない広告を掲げることはしないという最低限の品は守っているように思う。

TBSのやっていることは野球で言えば、キャッチャーの後ろにケバケバしい自社の宣伝を掲げて、視聴者には嫌でも目に入るが野球の肝であるピッチングに視聴者を集中させないようにしているのと同じである。
以前からボクシング含めTBSの格闘技中継には様々な批判があるのに改善されないのだから、批判するよりも私のようにじゃあ見ないと消して視聴率を下げてしまおう!(残念ながら私の行為など視聴率にはカウントされないが・・。)

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

i-mizuho東南アジア株式インデックスファンドは大変評価できるが購入タイミングは最悪!?

i-mizuhoシリーズ22本の中で私が一番評価するのは東南アジア株式インデックスファンドです。
アセアン地域という括りでのインデックスファンドは日本初であり、アクティブファンドは既にいくつかあるものの信託報酬はやはり年2%近い。

アセアンがノーロードで信託報酬0.6615%のファンドはやはり魅力的で、個人的にはこれ1つのためだけでもみずほに投信口座を作ろうかと思ってしまいます。
でも、アセアンのインデックスと言ってもアバウトなので、もう少し詳細を追いたいと思います。

このファンドの連動対象は、「FTSEアセアン40インデックス (円換算ベース)」です。
FTSE/ASEAN 40 INDEXとはアセアン5カ国(インドネシア・フィリピン・シンガポール・マレーシア・タイ)の大企業40社の株価に連動します。

<7月3日時点のデータ(etfdb.comより)>
[組み入れ銘柄TOP5]
Singapore Telecommunications Limited(Z74 ): 6.29%
Oversea-Chinese Banking Corp Ltd(OVCHF ): 6.17%
DBS Group Holdings Ltd(D05 ): 6.05%
United Overseas Bank Ltd.(U11 ): 5.30%
Malayan Banking Berhad(1155 ): 4.13%

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする