2013年11月30日

証券優遇税制廃止に伴い2013年内に含み益を全て吐き出せば税金トクなのか?

2013年も残り1ヵ月となりますが、10%の証券優遇税率は今年一杯で廃止となり、2014年からは本則の20%に戻り税金倍増なので消費増税どころの騒ぎではありません!?
(復興特別所得税を含めると、10.147%から20.315%へと倍以上のアップ!)

消費増税前に消費を前倒しした方が税金トクなのと同様に、優遇税制の今年中に株・投信を売った方が税金トクするのは基本的には当たり前です。
基本的ではないケースとしては、30年ホールドするつもりなので税引後再投資で元本が減り結果減税分以上に損することもあるとか、元本に対し含み益が小さいと減税分を売買コストが上回ることもあるとか、・・・。

投資家各々で作戦は変わってくるので、絶対的にこうすれば良いとマニュアル化できるものでもないと思います。
私個人も基本的には年内の含み益吐き出しを考えていますが、どのようにどこまでやるかは決めあぐねています。

現状ポーとフォリオ全体の含み益が100万円だとします。
来年以降利確するよりも年内に行えば、10万円[=100万円x(20%-10%)]の節税になります。(復興特別税は考慮せず)

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 19:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

NISA口座で配当金を非課税とするには「株式数比例配分方式」選択が必要だが色々と面倒!

そろそろNISA口座をどの証券会社に決めようかと、ある証券会社から頼んでもいないのに申込書とセットで送られてきたNISA解説の小冊子を読んでいたら今頃こんなことに気付きました!

NISA口座で買い付けた上場株式・ETF・REITの配当金・分配金を非課税とするには受取方法に「株式数比例配分方式」を選択しなければならない。

その他の配当金領収証方式(郵便局に持っていく方式)や登録配当金受領口座方式(指定銀行口座に振り込んでもらう方式)では課税されます!
しかも、後からこの配当はNISA分で本来非課税だから源泉徴収税を返してねと確定申告も出来ないらしい・・。

あっそう、じゃあNISA口座は「株式数比例配分方式」を間違いなく選択すればいいのね?
でも、話はそう簡単には済まないのだ!

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

マネックスの米国株特定口座対応と定率制手数料は高評価だが国内市場も徐々に充実?

マネックス証券が12月16日から米国株の特定口座対応開始と発表しました。
主要オンライン証券初とのことですが、既に中国株も特定口座対応済でノウハウも蓄積しているし海外証券の買収で連携もスムーズになったのか、この件では確かに二歩も三歩も他社の先を行っていますね。

また、9月には一取引あたり定額制で横並びだった米国株手数料を約定代金の0.4725%という定率制に変更し、かつ他社の定額制を下回る料金設定にしました。
米国株の一注文で定額26.25ドルなんて手数料には物凄い抵抗を感じていたのですが、マネックスは下限5.25ドルと上限21ドルの間は定率料金となったので、20万円程度で小出しの注文(手数料千円弱かな?)を複数回にわけて買い付けるという手段が取りやすくなります。

手数料と特定口座対応のアドバンテージで米国株ならマネックス!
いや実に素晴らしい!早速買いたいと言いたいところですが・・。

米国個別株なら良いですが、ETF目当てならマネックスが敷居を下げてくれたと言っても、まだ高いぞ米国株口座の敷居・・と思ってしまいます。

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

「おもてなし」の前に「ぎそうなし」だニッポン!日本の消費者が品質に厳しいだと!?

言いたい放題の巻!

阪急阪神ホテルのメニュー食材「偽装」もとい「誤表示」問題から、日本中で老舗ホテルや高級レストランを始め多くの企業がメニュー誤表示をカミングアウトしています。

以前も書きましたが、隠蔽・偽装は日本に根を張った「負の文化」なので表面化しただけのことに然程驚きもしませんが、白状するなら批判が集中しない今しかないと多くの企業が横並びで一斉にカミングアウトするのが如何にも日本らしい!

偽装が「赤信号 皆で渡れば 怖くない」(by ビートたけし)なら、
自白は「誤表示を 皆で自首すりゃ 無罪放免」(by 私)ってか!?

お偉いさん方が横並びで偽装ではなく誤表示やミスと言い張り、下の者による暴走であるがトップの私にも一定の責任はあるという保身の逃げ方は「アホでも務まるニッポン株式会社のボンクラ社長マニュアル」(←架空の本ですよ!)に書いてある通りですか?

でもね、私は騙された客にも言いたい放題だ!?
続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

楽天が巨人に、新興ITが古豪新聞に、40代ミキタニが80代ナベツネに、平成が昭和に勝利した!?

日本シリーズは楽天が巨人に4勝3敗で競り勝ち、球団創設わずか9年で日本一に輝きました。

近鉄とオリックスの合併を機に参入して、1年目に年間38勝で勝率.281というチーム打率かと間違えるような戦績で1.5軍からスタートした弱小球団が9年目に成し遂げたことは日本プロ野球史に残る奇跡と言えるかも知れません。

震災後の原発事故により関東で計画停電が行われる中、ナベツネは上から目線で東北と国民を勇気付けるという大義名分の下に「東京ドームは停電しねえ」と自粛なしの開幕を独りよがりに主張しました。
当時も書きましたが、この人の頭の中では昭和40年代の日本人が愛した「巨人・大鵬・卵焼き」が今でも通用して、プロ野球を開催することではなく盟主巨人が勝つ姿を見せることで国民が励まされるとトンデモナイ勘違いをしている訳です。

一方、「たかが選手」の楽天・嶋は震災後に地元ファンへ「見せましょう東北の底力を」と横から目線で語りました。

ナベツネは伝統と格式の盟主巨人が新興弱小の楽天に負けるなど想像もしなかったでしょうが、その2年後の日本シリーズで巨人が負けて楽天日本一の引き立て役になり、結果として巨人が東北を大いに勇気づけたのはドラマであり痛烈な皮肉であり、もしかしたら因果応報なのかも知れない!?
続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする