2014年05月01日

マンUのモイーズ監督解任を株式市場も後押し!?香川と暫定ギグスの今後は?

香川の所属するマンチェスターユナイテッドのモイーズ監督が1年持たずに解任されました。
26年間監督を務めて結果を出し続けたファーガソン監督が後任に指名して、6年契約の長期政権前提でしたがチームは歴史的な低迷っぷり。

他のチームならとっくに解任されていると思いますが、偉大なるビッグネームの前監督が直々に指名して負けても時間をやれとモイーズの肩を持ち続けたこと、フロントも26年以上監督を解任したことがないのでタイミングがわからないこともあり(!?)、珍采配を続けてズルズルと負け続けました。
しかしながらマンUは2012年にニューヨーク証取に上場しており、商業的な影響も大きい来期のCL出場権を失う5位以下が確定し、フロントがようやく解任に踏み切ったことは株式市場(資本の論理)が後押ししたと言えるかも知れません。
現に、解任日にはマンUの株価は6%上昇してこの決定を評価しました。

何故、モイーズ体制は上手く行かなかったのでしょうか?
溺れた犬を叩くつもりはありませんが、10億円近い年俸に見合わないお仕事のレベルは批判されて然るべきでしょう。

<モイーズが有能ではない証拠は随所に見られた>
●負けた後の言い訳(選手のせい、ぺルシー怪我のせい等)があまりに陳腐で酷い
●マンUでどんなスタイルのサッカーをするのか目指すのか見えない
●ビッグネームの選手を獲得してフィールドに並べれば勝てると思っている節がある
●ほとんどが代表選手のチームでローテーションにより控え選手が腐らないように配慮して使うのが下手
●ヤヌザイという10代選手を香川より優先して使うのは構わないのが、マンUのサイド選手に多い自己チューの独り相撲プレーも多く改善が見られないが監督として指導していたのか?
●香川とタイプの似たマタを高額で獲得したが、チェルシーでポジションを失っていた選手を賞賛しマンUで絶対レギュラー扱いして、何故チェルシーに勝てると思うのか不思議!
●フィジカル・スピード重視でクロスを放り込むスタイル(香川不要)はスコットランド訛りの片田舎サッカーで前監督の継承者とも言えるが、今のメンツで上手く行かないことは最初からわかっていなければならないし、香川を外してタイプの似た高額マタをサイドに入れた所で攻撃が劇的に変わる訳がないし、この監督に6年の時間を与えるのは大きなリスクであるともっと早く判断すべきだった!?

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 13:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする