2014年07月30日

「下から目線」のミニスカで物議を醸したスカイマークがエアバスに身売りを要求される!?

スカイマークの株価が29日午前に高値322円をつけましたが、そこから暴落して30日午前は210円台で推移しているので、24時間で30%超の大暴落です。

理由は、スカイマークがエアバスと旅客機6機の購入契約を結び、スカイマークは業績悪化により4機のキャンセルと2機の購入延期を交渉したが、エアバス側からは6機すべての契約解除を突きつけられたとのこと。
エアバス側は受け取った前払い金265億円を返還するつもりもなく、700億円程度の違約金を要求する可能性もあるとのこと。
(スカイマークにとっては800億円台の年間売上に匹敵する訳だから、お池にはまってさあ大変!)

エアバス側からは支払い不能に陥るのを回避するために株の売却(他大手航空会社の傘下入り)を要求されたが、西久保社長は「どんなに会社を縮小しようとも独立した経営を維持したい」との意向です。
スカイマークと言えば、CAにミニスカを履かせて客寄せする手法が物議を醸したばかりですが、文字通りに「形振り構わぬ」作戦は経営の厳しさから社長さんが手を伸ばして「ミニスカ」にもすがる気持ちだったのかも知れません!?

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 13:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

松屋の「プレミアム牛めし」という名の値上げは「デフレ勝ち組」迷走の序章か?

松屋が「プレミアム牛めし」を発売しますが、値段は並で380円です。
プレミアムというからには680円程度で勝負して欲しかったのですが、ワンコイン以下なら世間的にはまだ激安の範疇でっせ!
更に、順次導入した店舗から通常の「牛めし」(並で290円)の販売は終了するとのこと。

オイオイ、ちょっと待て!
基準となる標準品があって初めて「プレミアム」商品なんだよ!
「デフレの勝ち組」松屋が牛丼の価格を値上げするなんてことがあってはならないので、白昼堂々と公衆の面前で食品偽装したのが「プレミアム牛めし」だって訳だ!?

実態は、「牛めし」の31%大幅値上げです!
いやいや別に値上げしたって一向に構わないのですが、アベノミクスにも貢献するしね!?
でも、牛丼まあまあ好きの私の松屋に対する目線はこうなります。

吉野家並盛300円より26.6%も高い価格で勝負するだけの、味で遥かに超えたという絶対的でプレミアムな自信がおありなんでしょうね、松屋さん?

冷凍からチルド肉に変えた等の品質向上が伴っていることはわかりましたが、食べてみないことには何とも言えません。(はい、食べていません。)
コスパ日本一のファスト&ソウルフードである牛丼のにわか評論家として言わせて貰えば、一部異論はあってもテイストでは”吉野家 >> 松屋&すき家”という序列が覆されたことはありません。

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

ワールドカップは世界経済を映す!アルゼンチン躍進もブラジル惨敗で株価急上昇!?

サッカーW杯はドイツの優勝で幕を閉じましたが、ベスト4にはやはり優勝候補が残り、どこか優勝してもおかしくないメンツが揃いました。

その中でも、ボコボコにされて最弱だったのがなんと開催国のブラジル!
準決勝でドイツに1−7で歴史的大敗を喫し、3位決定戦でも0−3でオランダに敗れ、まるで奇跡的にベスト4に勝ち上がったアジアのチームが戦っているような弱さを晒しました!?

しかしながら、ドイツにボコボコにされた翌日のブラジル株価は1.8%の上昇を演じました!
ルセフ大統領の支持率低下→政権交代の可能性上昇→経済成長見通しの改善が連想され、セレソン大敗が結果としてブラジル経済の好転に繋がると市場は期待しました!?

私は半分冗談でネイマールがドリブル突破できなければ(セレソン敗退で)ブラジル株価上昇と書きましたが、ジョークにならないのがサッカー大国ブラジルの国民性!
残念ながら、ネイマール負傷というアクシデントが結果としてブラジル株価を押し上げたことを誰も否定できないはずだ!
更に言えば、コロンビアDFが悪質なファールでブラジル株価を押し上げた(風が吹けば桶屋が儲かる)訳だ!?

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

NISA枠年240万円との麻生発言で「カップ麺は今400円?」の金銭感覚を思い出した!?

NISA枠が年300万円に拡大との憶測もありましたが、麻生太郎財務・金融相は具体的に年240万円という金額を挙げて拡大に意欲を示しました。

切りのよい200万円枠ではなく、240万円とする理由については以下を挙げました。
●使っている人は毎月10万円ずつ積み立て預金みたいな感じで使っている
●次は240万円。そういう感じでしないと割り算が面倒。カネを移す上では現場にあった感覚。

そういう使い方も一定比率を占めるのはわかるが、その決め付けは誰が吹き込んでいるのでしょう?
小学校を卒業していれば面倒な割り算でもないと思うが、麻生さんと同年代の方々には面倒かも知れないし、毎月積立派にとっては端数が出ずに12で割り切れる枠の方が受けはいいでしょうね。
麻生さんにとっての現場とは証券会社であって顧客ではないように思いますが、店頭証券会社にとって大事な「顧客の声」が拡声器で伝えられ金融庁役人を通して大臣の耳に入っているということでしょう。
でも、拡大して年間240万円の枠ならニーサ(少額投資非課税制度)ではナイサ(NISA)!

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

楽天銀行の1週間定期はアレでしたが、そんな曲者をうまく使い倒す方法をご紹介!

楽天銀行の1週間定期の金利はなんと1週間だけ0.5%で、その後に0.05%まで引き下げられました。
確かに金利水準の維持は全く保証されてはいませんが、このような「釣り」が顧客の心証を害することも考えてビジネスを行った方が良いでしょうね。
これが徐々に毎週0.1%下がっていくなら許容されたかも知れませんが、やっぱり「楽天」の商売という印象を与えてしまったのは事実ですね。

イロイロな意味で楽天っぽいビジネス手法に敬遠してしまう人も少なくないと思いますが、仕掛けられるトラップを回避すれば逆に顧客が食われる側から食う側に廻れるのも楽天ユーザーのメリットだと思います!?
そこで、煽った側の私もお詫びと言っては何ですが、楽天銀行はこうやって使い倒せというやり方を紹介します。
決して、使い勝手もサービスも悪くないネット銀行でイロイロと使えます。

●マネーブリッジで普通預金金利が0.1%にアップ!
楽天証券と連携させるだけで普通預金が0.02%から0.1%に5倍アップします。
住信SBIのハイブリッド預金も同金利ですが普通預金とは別口座となり実はこれが面倒!
住信SBIは振込やATM入出金の際は都度代表口座に振替える必要がありますが、楽天銀行の場合は単純に普通口座の金利が高くなっているだけなので使い勝手がよくFXや証券会社に直接リアルタイム入金が出来るので待機資金を置いておくのに重宝します。

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする