2014年08月29日

JR東日本は新幹線時速400キロ運転を目指すのに東海は9兆円でリニア敢行の不思議!

JR東海が26日国土交通省に東京−名古屋間のリニア工事の認可申請を行いました。
2027年開業予定で、45年に大阪への延伸予定まで含めると約9兆円にのぼる長期巨額ビッグプロジェクトが9月にも動き出します。

私はJR東海のリニア計画にはどうも不純な(ある意味少年のように純粋な?)動機を感じてしまうのですが、開業後50年を経過した東海道新幹線の将来的経年劣化や大規模災害に対する備えとして中央リニア新幹線が必要とのこと。

大阪開通まで今後30年を要することを踏まえると、
@現状築50年のオンボロ東海道新幹線で経年劣化の問題が生じていないのに、築80年以降だと致命的な経年劣化が生じるのか?また、今後30年以内の経年劣化には中央リニアでバイパス不可能。
A東南海地震に備えるなら、2010年から30年以内(2040年まで)の発生確率が60−70%との政府予測もあり、大阪開通以前に発生する確率つまりリニアがバイパスとして機能しない可能性は60%以上で、名古屋開通ですら間に合うとは限らない。
どちらも東海道のバイパスとして機能させるには20−30年遅い計画であり、あまりに悠長という印象。

ところで、JR東海に足並み揃えたというか、ちぐはぐというか、JR東日本がなんと新幹線の時速400キロを実用化するというニュースがありました。
最初に思ったのが、ほな500キロのリニアなんて要らねえじゃん!

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 10:55 | Comment(17) | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

7月スーパー売上も2.1%減で消費増税後の個人消費は簡単に回復しないよ!

日本の4-6月期GDPは年率換算で6.8%減と大きな落ち込みになりましたが、消費増税後の反動減で想定内でした。
小売り経営者や経済評論家が増税の反動は一時的で直ぐに持ち直すという意見(願望?)が多くて驚いていましたが、要注意シグナルが早速現れてきましたね。

日本チェーンストア協会が発表した7月の全国60社スーパー売上高は6月から0.7%改善したものの、前年同月比2.1%減少しました。
7月のコンビニと百貨店売上も引き続き4ヵ月連続前年比マイナスです。
日本スーパーマーケット協会が発表した7月の食品スーパー285社の売上高は0.2%増でしたが、関東は2.0%増で地方は多くがマイナスのまだら模様です。

クルマ社会の地方ではガソリン価格の高騰により@財布の紐を締め、A車の使用頻度を下げるという二重苦が個人消費の低迷を招いていること。
に加えて、アベノミクスにより賃金の上昇が早かった都市と恩恵のない地方の消費マインドの差が如実に表れたということでしょう。

消費税を上げれば、消費は落ち込みますって、簡単に持ち直さないって、当たり前じゃん!
(だから4月に消費増税すべきでなかったとは言いません。)

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

豪やよい軒のサバ定食が2500円と知り、何故か「アジア外こもり」の危険性を思った!?

定食チェーンの「やよい軒」がオーストラリアに進出し、シドニー1号店でサバ塩焼き定食を約2500円で提供と知って驚きました!
何故なら、運営会社は弁当屋チェーンの「ほっともっと」も展開するプレナスであり、平日昼割なら「のり弁」を270円で売っています。

やよい軒も激安価格ではありませんが、日本では「サバの塩焼き定食」を590円で提供しています!
ビッグマック指数ならぬサバ定食指数では、豪は日本の4倍以上の物価高ですわ!?
豪ではサバが妙に高いのかと思ったら、定食最安値の定番「しょうが焼き」も23豪ドル(約2200円)で日本価格580円の4倍近くぼったくってます!?

だからと言って日豪の定食価格差が4倍ある訳ではなく、理由の1つは(あの?)プレナスがシドニー金融街の近くで和食人気に乗じて高級路線の店で勝負しているからです。
(だからと言って、日本で600円の定食より旨いのかは甚だ疑問ですが・・。)

というよりも、最低賃金16豪ドル(約1500円)のオーストラリアでは価格設定も高めで勝負しないと採算が取れないという事情があるようです。
人件費の要因が大きいので、スーパーでオージービーフを買ってきて家で自分ですき焼きを作れば、さすがに豪の方が日本より安く済むと思うのですが、さて?

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 09:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

ダウは年初来マイナスに沈み8月円高アノマリーも順調で大幅調整は来るのか?

NYダウが先週年初来マイナスに沈み今年の上げ幅を全て打ち消したとのニュースを見てかなりの違和感がありました。
毎月順調な右肩上がりで史上最高値を更新中というイメージがあったので、この程度の調整で7ヵ月の上げ幅を帳消し?
アルゼンチンショック等で2月頭に15,400まで沈んで、その後6ヵ月間右肩上がりだったので、年初と同水準でも今年の最安値からはまだ1000ドル程度高い位置にありますね。
ということは、まだ大した調整ではありませんね!?

8月の円高アノマリーも文句の付けようがないくらい今月はドル円が順調に右肩下がりです。
形はそうなのですが、まだ1週間程度で103円から102円へと、たったの1円下げただけです。
しかも、2月以降の6ヵ月間はドル円が101円から103円の狭いレンジでほぼ推移しているので、102円ではレンジのど真ん中で円高が進んだなんてちゃんちゃらおかしい!
でも、本当にリスク回避で円買いの脊髄反射って弱くなりましたね。

円高もダウ同様に調整したなんて言えるレベルではありませんが、今週はお盆休みに入るし8月は101円を下抜けて猛暑に冷やっと100円割れで肝試しになる可能性もあるかなーと期待(心配)しています。
1月のアルゼンチンショックから約半年間は地政学的リスクが複数ありながらも概ね右肩上がりで世界の市場は上昇を続けてきました。
少なくとも1月に匹敵する程度の調整はそろそろ起こって不思議はないと思います。

8月から9月は相場が軟調に推移し易いので期待(心配)しましょう!
地政学リスクの拡大・縮小は読めませんが、米国の量的緩和は確実に縮小されるし利上げはいつか必ず行われることでしょう。
今後1〜2カ月で米国の利上げを織り込むような展開になれば、その他のリスク回避要因も絡んで相場の調整も大きくなるかも知れません。
真夏の相場が熱中症にならない為に冷や水を浴びせることも必要でしょう!?
地政学リスクの拡大は望まないが、暑いから健全な冷や水ならウェルカムだ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 韋駄天太助 at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

くりっく株365でFTSE中国25の上場廃止だが商売するならメニューを揃えよ!

取引所CFDの「くりっく株365」でFTSE中国25証拠金取引が9月19日で上場廃止されます。
ライセンサーであるFTSEが「FTSE中国25」を廃止し「FTSE中国50」を新設することに伴う措置のようですが、代わりにFTSE中国50が上場されると明記されていないので、くりっく株365で9月20日以降は中国株価指数を取引できなくなりそうです。

私は金融商品として「くりっく株365」を高く評価しているのですが、世間はそうでもないようです。
特にFTSE中国25は今年1月の月次データで1日平均取引数がたったの30枚であり、これは同じく株365の日経225取引数量の0.1%に過ぎません。
中国25はスプレッドが広いので日経225のようにデイトレする人はいないでしょうが、この状況では上場させておいても黒字を生んでくれる訳はないでしょうね。

しかしながら、鶏が先か卵が先か、スプが広いから誰も取引しない、誰も取引せずに儲からないからスプを拡げるの悪循環と、商品の魅力を伝える宣伝の欠如等がもたらした結果だと思います。
私は中長期なら株365のFTSE中国25をスンバラシイ商品と評価していただけに、上場廃止はヒジョーに残念です・・。

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする