2014年10月27日

ネイマールの2アシストも国民の決定力不足でルセフ氏がブラジル大統領再選・・orz

ブラジル大統領選で現職ルセフ氏が再選したようです・・orz。
10日程前の世論調査では、対抗候補のネーベス氏がルセフ氏を上回っているとの情報もありました。
大接戦が予想されましたが、ルセフ氏が後半ロスタイムに同点弾を決め、PK戦を制して大統領に再選してしまったようです!?

実は第一回目の投票では、ネーベス氏ではなくシルバ氏が強力な対抗馬で、事前調査ではルセフ氏を大きく上回ったこともありましたが、蓋を開けてみれば3番目の得票率でした。
ルセフ氏があの手この手で前半戦もロスタイムでリードを奪う逆転弾を決め、したたかにファールすれすれやダイブ・怪我したふりで時間稼ぎを駆使して大統領選を勝ちきった!?
(私はドイツにリードされて下を向くセレソンほどメンタル弱くないのよと?)

この支持率のボラティリティの高さもラテン気質なのか、タイミングによってはルセフが敗れる可能性は充分にありましたが、結果として成長より分配の中道左派現職が再選され、ブラジルの変化は期待しにくくなりました。

実は、ブラジル大統領選で2つの大きなアシストをした人がいます。
サッカー選手のネイマール!

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 11:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | BRICs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

女性大臣任命アベノミスで2名辞任はアベノミクス第3の矢「女性の活躍推進」の躓きか!?

放談の巻!

第二次安倍改造内閣で任命された小渕経済産業大臣と松島法務大臣の女性2閣僚が辞任しました。
「観劇」と「うちわ」の大きくはない問題と言えばそうかも知れないが、残念なのは彼女達が政治屋のオヤジ達と似たような(奴らと比べれば規模はかわいいものかも知れないが)問題で就任早々辞任に追いこまれたこと。
(うちわのようでうちわでないという言い訳は老獪な政治屋もビックリだ!?)

世間が女性大臣に求める1つの要素にクリーンさがあると思う。
押し付けられる方は迷惑かも知れないが、アイドル歌手が好きな食べ物をクレープではなくイカの塩辛だとオヤジ臭を漂わせながらカミングアウトした時と同じような幻滅が世間にはある訳だ!?
世間が永田町の現状に対するアンチテーゼとして女性の政治家にクリーンさを求めるのは自然で、余計厳しい目で見られてしまう。

安倍政権はアベノミクス「第3の矢」の成長戦略の1つに「女性の活躍推進」を挙げ、2020年に指導的地位を占める女性の割合を30%に高めるという目標を掲げています。

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放談雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

10月は暴落の季節!?何でもありの世界経済減速懸念で今年2度目の大幅調整?

日経平均が本日一時は15000円を下回りましたが、9月26日の今年高値16374円から急ピッチで下げましたね。
リスク回避で世界一チキンな日経は健在と言ったところでしょうか!?
これで、昨年末の大納会で付けた高値16291円と9ヶ月間をかけて美しいダブルトップを形成しつつあるようにも見えます。
いやー、いいですね。大納会という節目で高値を付けて9ヶ月後に抜け切れず下げ足を早めているところがシグナル!?

日経平均が下げたのは米国株が下落したことと連れて円高に振れたからです。
(と言っても、110円から107円で円高って、70円台が懐かしいですね!?)
NYダウも9月19日の最高値17350から急ピッチで16321に下げて、4月以来半年ぶりの安値を付けています。

NYダウが下げている理由は主に世界経済の減速懸念だそうです。
何でもありのなんちゅう抽象的な理由なんでしょう?
試験で答えが浮かばず苦し紛れに書いた学生の答案みたいですね?
(間違ってはいないでしょ、単位だけは下さいみたいな!?)

こういう理由で解説される時は大した理由がある訳ではないが、相場が昨日も下げたから今日も下がる状況なのかも知れません。
ここで言う「世界」とは米国視点での「米国以外」のその他シモジモ(?)大勢のことであり、
我が米国は割と堅調だか、特に欧州が独り勝ちだったドイツを含めて先行き不透明が強い。
勿論、増税後の日本や中国等の新興国も含めて俺ら(米)以外はドイツ(独)もコイツ(日中)も駄目みたいな!?(笑)

QE1・QE2終了時の動揺(?)と同様(?)に、10月FOMCでのQE3量的緩和終了が意識されている面もあるのかも知れません。
9月も言いましたが、今年は年初の大幅調整があっただけなのでそろそろ起こりそうな2度目の調整がようやく遅れて到来したかなーと。

ただ、9月は軟調のアノマリー、10月は暴落のアノマリーなので、世界経済減速懸念などと言う生ぬるいワケワカメの理由だけで下げ止まったなどと判断すると、単位を落として落第するリスクに注意すべき季節かも知れませんね!?
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 韋駄天太助 at 12:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

サイバーエージェント藤田社長が退職者への激怒を日経で露にして社内報扱い!?

サイバーエージェントの藤田社長が退職希望者に「激怒」した理由を日経電子版に掲載した件で賛否両論がありますね。
@かつて億単位の損失を出した若手社員に、
Aセカンドチャンスとして新事業の立ち上げを任せていたのに、
B競合からの引き抜きで、
辞めたいと言って有給消化に入ってしまった。

別に怒るのは構わないのですよ。
3つの理由がある訳ですし、多かれ少なかれ皆滅茶苦茶でいい加減な引き継ぎや多忙時に要員補充もない状況で仕事放り出して逃げるように辞めていく退職者の尻拭いに追われた経験はあるでしょう。
ましてや競合からの引き抜きで、新規事業の内容が漏れる、いやそれも競合が手に入れたくてセットで採用されるケースもある訳です。
そうではなくても新規プロジェクトを頓挫させて競合企業に打撃を与えようと、その転職者に直ぐに辞めて退職日の引き伸ばしには絶対に応じるなと要求するなんてことはザラにありますね。

そりゃ腹を立てて社内で激怒するかも知れませんし、それを社長たるもの大きく構えて・・と批判するつもりはありませんが、人事部長の飲み屋の愚痴みたいな内容をマスメディアでぶちまけるのは如何なものでしょう?
「経営者目線」から書いたとのことですが、ヘッポコ投資家目線からはメリットよりデメリットの方が大きいと思います。

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする