2015年07月27日

「わたしたちはMUFG」のカブコムがi-mizuhoインデックスシリーズを取扱開始!

ブラックロックが運用し、みずほフィナンシャルグループがみずほ銀行とみずほ証券で独占販売していた「i-mizuho」インデックスシリーズがどうやらネット証券に開放されるようです。
でも、その名前を知って少々違和感を覚えました。
「i-mizuho」を新たに取り扱うネット証券は、カブドットコム!

「わたしたちはMUFGです」が売りです。
私達は三菱UFJフィナンシャルグループのネット証券会社です・・・。
メガバンクグループのライバル同士やないか!
一番あり得なさそうな組み合わせにも思えますが・・。

カブコムからは7月21日付けで7/27と8/3にわけての取扱開始が発表されましたが、みずほ証券では7月10日付けで「i-mizuho新興国債券インデックス」繰上償還に伴う販売停止が発表されています。
その理由はブラックロックからその旨連絡があったとしか述べられていませんが(笑)、ブラックロックからは「現在の純資産総額では適切な運用を維持することが困難な状況」と発表されています。

この経緯を見る限り、
NISAを睨んでみずほから話を貰って独占で作ったけど、全然売れへんやないか!
3大メガバンクの一角だから日本中で売ってくれるかと思ったのに、償還する低空飛行だよ!
みずほさん、どないしてくれるの?売れへんなら、もう独占販売は終了させてや。
と、ブラックロックとみずほで攻防があったことは想像に難くありません。

その結果、何故か一発目の開放がMUFGのカブドットコム証券だったと!?
みずほにとっては商売敵のはずが、メガバンクグループで扱われるインデックスというイメージを作りたいのか、ただ単に規模的に最大手ネット証券に解放する前にカブコムだったのか?
よって、今後の展開は読めませんね。カブコムで扱ってみて様子見なんでしょうね。

実は私も「i-mizuho」シリーズには当初興味があって、いつでも買えるようにとみずほ銀行に投信口座を作って結局今も買っていないという状況です。
いわゆるインデックスシリーズは沢山あり、敢えてi-mizuhoを選択する理由にも欠けるのですが、私が興味を持ったのは他ではこんな低コストでは買えない以下の3つ。
i-mizuhoオーストラリア株式インデックス(信託報酬0.41%)
i-mizuho東南アジア株式インデックス(信託報酬0.68%)
i-mizuho中国株式インデックス(信託報酬0.68%)
他にも欧州株式インデックスなど独自のラインナップがあって、もっと評価されてよいインデックスシリーズだと思います。

私も当面予定はありませんが、カブコムでいつでも買える環境になったことは歓迎です。
(みずほ銀行の投信口座もう要らんなあー。)
でも、もうi-mizuhoインデックスなのかi-MUFGインデックスなのかわからない!?
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 韋駄天太助 at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

新国立競技場のバブル脳な老害達!ダメ日本に引導を渡して新国立てよう!?

言いたい放題の巻!

新国立競技場の総工費2520億円問題は、計画を白紙に戻すことになったようです。
遅すぎるけど、真っ当な判断ですね。

個人的には当初の1300億円でもノーですが、大事なのは金額よりも体質・根性の改善です!?
また老害ネタかと思われそうですが、あまりにも滑稽かつ25年低迷した日本を象徴しているように思えるし、反面教師にしなければ日本の未来が見えないので書きます!?

新国立競技場問題の3大老害!

●石原慎太郎氏(82歳)
直接責任がある訳ではないが、東京都拠出分の500億円捻出策として都民以外の通勤者から毎月千円取ればいいと、テレビで言い放ちました!

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 12:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放談雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

ギリシャのデフォルト回避を織り込んでマーケットがウキウキって学習能力が!?

ギリシャ問題。
経緯も現状もギリシャ的な支離滅裂で把握し切れませんが、ユーロ圏財務相会合から首脳会合に持ち越されたものの合意されずに、15日までにギリシャが主要な改革案を法制化するよう要求しました。

先週末のマーケットは、ギリシャ支援の合意(=当面のデフォルト回避)を楽観視してNYダウは1.2%、独DAXに至っては2.9%もウキウキと大上昇しました。
えっ、何回同じ事繰り返しているの?

確かに、ギリシャは6月末に債権者側が要求したレベルの緊縮案を提出し、フランスのオランド大統領の「信頼できる」とのコメントも伝わりました。
でも、合意(=デフォルト回避)を織り込める状況だったのか甚だ疑問です。
その時点でも、ドイツは慎重なコメントを出し、案の定会合前にメルケル首相は「厳しい協議になる」と牽制しました。

何故、ドイツが簡単にOKを出すと織り込んだのでしょうか?
毎度毎度、織り込みがラテン的楽観で甘すぎるんじゃないかと思いますが・・。
勿論、合意する・しないの未来はギリシャの神々でもなければ判らないのですが、今度はドイツがごねることを想定出来たのでは?

案の定、条件を満たせない場合にギリシャを一時的にユーロ圏から離脱させるとの強硬策をドイツが主張して突き放しています。
メルケルが言った通りに「最も重要である信頼が失われてしまった」し、こちらの受けるダメージが小さくなくても、もう奴らとは付き合ってられないという気持ちが強いでしょう。
チプラスは緊縮案に反対だから拒否して国民投票を実施し緊縮反対の民意を得たのに、今度はその反対した緊縮案と同程度のモノを出したのだから、EUも国民も裏切っている訳でコイツの言うことやることは一切信用出来ない、こんな奴が率いる国に金は貸せない、最悪貸した金が返ってこなくてもあきらめるわ、もう超絶ラテン系とは関わりたくないとゲルマンが思うのも自然でしょう。
(白昼堂々・公衆の面前での二枚舌男!?)

さて、上海の方は簡単に言うと、悪質なショート野郎は逮捕するぞゴラァ等のなりふり構わぬ対策で、その是非は別にして先週は下げ止まり・上昇を見せました。
大暴落と言われ事実そうなのですが、たかだか4月以降の大暴騰を打ち消したに過ぎません。
2008年の大暴落を振り返れば、まだまだ序章という意見も説得力がありそうですが、当時とはPERで見た過熱感が違い過ぎるし、一旦いい所まで落ちたかなとも思います。
再度急上昇はないと思いますが、安定推移するかは引き続き目が離せませんね。
今週もやっぱりギリシャと中国に注目ですね。

巨額財政赤字なのに2500億円でド派手な新国立競技場を建設して誰も責任取らない東洋の国も、アテネ五輪の失敗で今も苦しむギリシャに学ぶべきでは?
国民性が一朝一夕には変わらないことも・・。だから、こんな無駄なハコモノ建設も止められない・・。
子供に五輪を見せたいと言いながら、死ぬまでにもう一回立派な自国五輪をとの年寄りが身勝手な欺瞞と借金をいつまで重ね続けるのだろうか?
ケツを拭えない無責任なバブル脳は○ななきゃ直らない。

八百万の神がなんとかしてくれさ!いつか神風が吹くさ。ええじゃないかヨイヨイヨーイ!
日本を東洋のギリシャにしてはならない!
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 韋駄天太助 at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

ギリシャ国民投票で緊縮策に反対!上海株は暴落ストップに官民総出で形振り構わず!

EU緊縮策の是非を問う(その資格があるのかは別にして!?)ギリシャ国民投票が行われ、反対60%強・賛成40%弱の大差で受け入れ拒否となりそうです。
世論調査では、直前が拮抗だが賛成が僅差で上回る、その前は賛成がかなり優位だったので、投票に向けて国民の反対が増えていったのでしょうが、それにしても・・。

市場も世論調査に同じて、投票結果は緊縮賛成で織り込んでいたと思いますが、直前は僅差だったのにギリシャへの見方が少し甘すぎるんじゃないですか?
ギリシャを舐めちゃいけないって!?

世論調査だけではなく、常識で判断すれば誰だって反緊縮を選ばないだろという織り込みだと思いますが、これまでギリシャ政権や国民がどんだけ理性的ではなく感情的だったのでしょうか?

マーケット関係者の毎回ギリシャに予想外とのコメントの方が想定内です!?
余りにもエモーショナルだからこの状況に至っている訳で、何故自分の常識で判断してしまうのでしょう?

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする