2015年09月28日

安倍さん国がやることは携帯料金引き下げじゃなくて競争環境の創出と不当契約の防止!

安倍首相が携帯料金高過ぎと総務省に料金引き下げ策を指示したことで、減益を懸念して携帯3社の株価が軒並み大幅に下げて、これは安倍さんの株価引き下げ策かよとツッコミたくなります!?
これに対して業界寡占3社のトップは、世界的にも高くないとか、お上の指導ではなく自由競争でとか反発していますが、日本は本当に適度な競争下で適正な料金なのでしょうか?

確かに純粋な携帯「電話」料金としては時系列で下がって来ているように思えます。
電話かけ放題プランは横並びで2,700円に設定されていますが、一昔前は基本料だけでこれ位は取られて更に通話料でもぼられるのが当たり前でした。
(今月は電話し過ぎて一・二万円越えた痛いと言いながら何故か笑って自慢のように語る人も多かった!?)
しかしながら、このようなオトクな通話プランは高額データ通信契約とセットでなければ使えないのが問題です。

安いとは思わないが、データ通信料金の水準よりも低料金コースを作らない体系に大きな問題があり、更には通話プランも抱き合わせ(バンドル)で顧客が自由に組み合わせること(アンバンドル)を許さない売り方が問題なのです。
こうすることでキャリアはスマホでデータ通信をしたい客(特に新しいiphone使わせてー!料金なんか二の次の病的信者など)に対して上から目線で1加入者あたりの売上(ARPU)を最低6千から7千円に設定してぼったくれるからです。

問題なのは2年縛りも含めて事業者有利の料金・契約条件を押し付けていることで、料金水準よりもアンフェアな料金体系を禁止・是正して総務省が事業者に対して100年縛りの契約書にハンコを押させることがまず第一です!?

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 13:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

津波注意報発令中にFRBからビッグウェーブは届かず凪状態だから解除していいの!?

利上げするのかしないのか、議長がどんな声明を出すのかと世界がFOMCの決定を固唾を呑んで見守っていましたが、結果は利上げ延期となりました。

時を同じくして、日本では18日午前3時に南米チリ沖の地震による最大1メートルの津波が到達するとして注意報が発令されました。
なんともドンピシャのタイミングなのですが、金融関係者が恐れていたのはFRBが世界にもたらすかも知れないビッグウェーブの方でしょう。

結果は多数派が望んだ利上げ延期でしたが、一旦は結果を好感して上昇したダウも徐々に値を消して若干のマイナスで引けました。
取り敢えずベストアンサーちゃうんかい?喜んで上昇せえや!
と謎の動きでガッカリの方も多いと思いますが、なんか警戒していた津波が足元に届いたら数十センチかい!と言いたくなるような殆ど凪状態で津波警報と同期して拍子抜けと言った感じでしょうか!?

まあこの1カ月近くのボラティリティが凄かったので、FOMC発表で多少上下に動いても凪にしか見えず、このイベントを警戒して高台に非難して待ち構えていた人は世界の金融気象庁(そんなモンはない!)が発令したFOMC津波警報を恨めしく思うかも知れません!?

議長のコメントが鳩派で今後の世界景気に懸念が生じたとか色々解説がありますが、(ある意味)世界の頂点に立つFRB議長たる者がプレッシャーに屈したと受け取られたことも大きいように思います。
IMFが、新興国のリーダーが、世界の金融関係者や専門家が、このタイミングで利上げはノーだとプレッシャーを掛ければ折れてしまう人なのかと思われたかな?
言い方の問題なのですが、(男女差別と受け取られるかも知れませんが)女性的な皆の意見を吸収して調整するタイプだが決断力あるリーダーシップには欠けると思われたかな?

本物の津波注意報は18日午後4時台には解除されたのですが、午後3時に日経平均は362円下げて18,070円で引けました。
うーん、5連休シルバーウィーク前だから手仕舞いで米国より下げ幅が大きくなるのも仕方ないかな?
と思ったら、NYダウは1.74%下げて週末に16,384で引けました。
これを受けて、日経先物は17,800台ですかね。

連休中に世界では3営業日動くので、木曜日の日経がこの辺りで寄り付くとは限りませんが、金融津波注意報は勝手に解除しない方が良いのかも知れません!?
日本の大型連休が重なると金融市場の天候が良くなるイメージはあまりないのですが・・。
25日には金融市場も揺るがす米中の首脳会談もありますね。

金融気象庁(そんなモンはない!)の津波警報は全くアテにならないので、自分で自分に発令しておいた方が良いですね!?
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 韋駄天太助 at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

食料品軽減税率をマイナンバーで還付案はどう考えてもバカで生産性の低い国がやること!?

言いたい放題の巻!

消費税10%への増税時に導入する軽減税率(2%軽減)は以下のような案が検討されているようです。
対象:酒を除く飲食料品全て(豪華な外食も除外せず)
還付額:1人あたり4千円を上限(所得制限を設けず)
手続き:購入の度にマイナンバーカードを読み取り、ネットで申請後にキャッシュバック。
(全小売業者が読み取り装置の導入要)

結論から一言、これを考えた奴らはバカとしか言いようがない!
議論の余地なんかないって!
どう考えたって、全ての手続きをやめて無条件で国民1人あたり4千円分の消費税を還元した方がいいだろ。

所得制限も掛けないのに日本国民全員がマイナンバーカードを持ち歩いてこんな手間を掛けて国家全体で壮大な時間とコストを費やしながら1人最大年4千円還元ごときの消費を正確に記録するのはバカのやることだって!

図書新聞費ならまだわかる。
消費が年間0円の人も年間50万円の人もいるし、それが必ずしも所得に比例する訳ではない。
でも、飲食費は誰でも生きてりゃ掛かるし普通は1日三回飲み食いする訳だ。
(ところで軽減税率に水道代は含まれないのか?米より大事なのにそれはオカシイとツッコミ始めるとキリがない!?)

還付額4千円÷2%=年間飲食費20万円=月間飲食費16,667円=1日あたり飲食費548円
この計算式が全てを物語るのだが、飲食費が還付額上限を下回るのは国民の何%で、壮大な手間とコストを掛けてその何%の人に対する還付が2千円なのか3千円なのかを正確に把握することが重要なのか?

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放談雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

底が24日のソコじゃないならドコよと言いながら決定戦は来週のFOMCへ持ち越しか!?

週明けの日経平均は8月24日と25日に付けた安値17,700円台を下回る17,600円台で寄り付いて始まりました。
多くの専門家から24日にどうやら底を付けたという声が聞かれましたが、あざ笑うかのように日経平均は2週間後に割り込んで来ました。

金曜日の雇用統計も良いのか悪いのか玉虫色の内容でしたが、NYダウは1.66%下落の16,102で引けました。
しかしながら、8月24日の場中安値15,370、25日終値15,666の底値(?)からはまだ余裕があります。
独DAX・英FTSEも同様に底割れには至っておらず、日経平均だけが真っ先に大暴落の底値をヘナヘナと割り込んで・・と言うには若干フェアではありません!?

底値を割り込んだのは日本時間帯の現物市場であり、8月24日の大暴落時には日経平均先物が17,100円台を一瞬付けています。
この時はドル116円台まで円高に振れて一瞬の出来事でしたが、今回はじわじわとゆっくり底値を割っているし、ドル119円台の割には日経ヘナヘナという印象はあります。

市場が低空飛行を続けている内に、(そうさせた大きな理由の1つではあるが)来週には米FOMCが迫って来ました。
こうなると利上げの可能性がある以上は、多少の好材料でも売り方の買い戻しが起こるだけで大幅上昇とはならず、FOMCの結果を見るまで様子見気分となりそうですね。
9月利上げはないとの予想が多いようですが、あり予想もゼロではなく故にNYダウも下げている訳ですが、実際に実施されれば織り込み不足で更に下押しとなるのでしょうか?

大底がソコじゃないなら一体ドコよと言いながら、決戦は来週のFOMCまで持ち越しとなるのでしょうか?
「底を確認してから買え」「どうやら24日がセリクラで底を打った」と親切な(?)専門家の意見を聞いていたら、自分の財布の底が抜けてしまいます!?

ソコソコあてになる底アドバイスを天才相場師ならぬソコらの凡庸なる月給取り専門家の皆様にはお願いしたい!?
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 韋駄天太助 at 11:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
参考になりましたらポチっと。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へにほんブログ村 株ブログへ 人気ブログランキングへ





GMOクリック証券
SBIFXトレード