2015年10月26日

プロ野球界で引退即監督就任の流れは金払ってど素人采配野球を見せられるリスクも!?

言いたい放題の巻!

今年プロ野球はほとんど見ていませんが、日本シリーズを今やっていますね。
パではソフトバンク1年目の工藤監督がリーグを圧勝して日本シリーズもリードしていますね。
采配を見ていないので何も言えませんが、このチームなら誰がやってもと思える戦力ですね!?

工藤監督の好成績が与えた影響も小さくないと思いますが、セリーグで引退して直ぐ監督に就任するケースが相次いでいますね。
しかし、工藤(以下監督の敬称略)の場合は引退後3年間の評論家を経ての監督就任ですが、引退が遅かったので既に50代です。

巨人:高橋由伸(40歳)が現役引退後即就任
阪神:金本(47歳)が評論家3年間を経て就任
DeNA:ラミレス(41歳)が独立リーグ等の2年間を経て就任

何ですか?この打ち合わせかのようなセリーグ新人監督ラッシュの流れは?
これに中日の谷繁監督(44歳)が選手兼任2年を経て監督専任になることも加えると、セリーグは3年前までバリバリの選手だった40代の監督ばかりです。

私はいつもは老害批判も多いように、40代に監督のチャンスが与えれれることは基本的に歓迎です。
しかしながら、金払って野球を見に行っても選手はプロだけど采配は未経験の監督ばかりで、プロ野球としてこれでいいのでしょうか?

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放談雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

自称「民主主義のインフラ」たる新聞・雑誌への軽減税率は生活インフラに先んじない!

言いたい放題の巻!

連立政権を組む某党党首が「新聞・書籍は民主主義の基礎を支える制度的インフラ」なので軽減税率対象であることが望ましいと語りました。
インフラの中を流れる情報の質を問わずに新聞が民主主義を支えるとか寝言は置いておいて、土管屋としては遥か遠い理想として民主主義が機能するための情報インフラの一部であることは確かだし、一概に新聞等への軽減税率に反対するつもりはありません。

しかしながら、「酒類を除く飲食料」と並べて、或いは2番目の優先順位として「新聞・雑誌・書籍」が挙げられるのはオカシイ!
それなら極めて怪しい、かつ破壊者ともなりうる「民主主義のインフラ」なるモノに適用する前に生活インフラ(電気・ガス・水道)が先でしょう。

ぶっちゃけ生活に余裕のない層は新聞取らない・読まないし、そこはコストの削り所だし、生活応援ならインフラ公共料金に軽減税率を適用すべきでしょう。
(だからこそ、国民に等しく情報が届くよう新聞を軽減してという理想論はご尤もですが、2%軽減されたからって民主主義の担い手として新聞取ろうなんて高尚な方は2%もいないのが現実です!?)

更にはよく言われている通り、例外を作り始めると政治家が握りたくなる利権が生まれるんですよ。
飲食料でも酒類は除くのは嗜好品で軽減する必要がないし、高級・高額品を沢山消費するのは庶民ではないし、線引きも然程困難ではなく妥当な考えです。
同様に、新聞・書籍・雑誌でも民主主義のインフラとはとても言えずに軽減すべきではないと考えられるカテゴリーも沢山ありますね。(小説等も含めて99%は関係ないとも言えますが。)

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 19:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放談雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

DCやNISAで売れない良質な低コストファンドの開放が投信全体の高コスト体質を改善?

三井住友アセットマネジメントのDC専用インデックスファンド4銘柄が9月18日から楽天証券で取扱開始されました。
確定拠出年金でしか買えなかった低コストファンドを大手ネット証券を通じて誰でも買えるように開放された訳で画期的な進歩です。

楽天証券の積立設定金額週間ランキング(先週べース)では、比較的コスト差の小さい新興国ファンドはベスト10にも入りませんが、3銘柄がトップ3を独占しています。
(1位:全海外株式F、2位:日本債券F、3位:外国債券F)

こんなに人気があるなら、三井住友AMはDC専用をとっとと一般に開放すれば良かったのに何故やらなかったのでしょうか?
多分この低コストファンドを、言い換えれば運用会社にとっての低利益ファンドをそんなに目立って売りたい訳でもなかったのでしょう!?
1位の全海外株式Fは信託報酬年率0.27%の低コストも目を引きますが、490百万円の純資産額もビックリする程低くて目を引きます!?

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 10:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

実体経済が懸念される雇用統計のネガティブサプライズでリスク選好は不健全!?

先週金曜日の雇用統計は市場予想の20万3000人増に対し14万2000人増でネガティブサプライズとなり直後は失望が広がりました。
NYダウは寄り付き後に200超の下げとなり16,000を再度割れるかという所までリスク回避となりましたが、そこから反転上昇して結局16,500近くまで上昇して引けました。

おいおい、ミスターマーケット!
鬱から躁への転換が早過ぎるだろう!?

中国に端を発した世界の景気減速懸念が米国の最重要経済指標にも影響を及ぼし始めたんちゃうんかい!
でも、そのお陰で年内利上げの可能性が低くなったからってウキウキと喜んでいられる状況ちゃうやん!
しかしながら、ダウの反転は弱い指標にも関わらず年内利上げに動くとの期待があるという解説もあり、それだけ解釈や織り込みが難しいということでしょう。

週明けの日経平均も一時1万8千円台を回復していますが、これでリスク選好モードに転換するのでしょうか?
もしそうなら不健全ですね。
米雇用統計の悪化が中国発の影響か否かは別にしても、米国の景況感も懸念される状況なのに利上げ延期予想だけでリスク選好に転じるとも思えません。

もし9月に利上げした後にこの結果が出ればマーケットの反応もリスク回避一色だったかも知れませんが、逆に言えば優柔不断とも解釈されたFRBの利上げ延期は正しかったと言えるのかも知れません。
しかしながら、10月に入り8月末から始まったリスク回避モードもそろそろ飽きてきた感もあり、ネガティブ材料を過小評価してポジティブ材料を過大評価してスルスルと回復する可能性も否定できませんね。

早いもので今年も残り3カ月を切りました。
今週は1週間休場だった上海市場が木曜日から動くので、中国で何か材料が出ればボラが大きくなる可能性も注意ですね。
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 韋駄天太助 at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
参考になりましたらポチっと。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へにほんブログ村 株ブログへ 人気ブログランキングへ





GMOクリック証券
SBIFXトレード