2024年05月31日

取引手数料0円のDMM米国株が静かに改悪して大手ネット証券と横並び価格に!?

DMM.com証券は米国株の取引手数料を2019年12月から無料化して注目を浴びましたが、静かに目立たぬように6月から手数料を改定し有料化するようです。

公式サイトに手数料値上げのお知らせはありませんが、5月24日付で「外貨決済サービスの開始予定」に関するお知らせがあるので中を見てみると、
フムフムこれまでの円貨決済に加えて外貨決済も6月下旬から提供すると、それは良い知らせですね!
で変更点をまとめた表を見ると、外貨決済時の取引手数料は「ドルベース約定金額x0.495%」とアレ全然安くないし大手と同じだね。

その下に円貨決済時の変更点も併記されて、
(変更前)約定代金にかかわらず一律0円
(変更後)取引手数料(外貨決済時と同様)x適用為替レート
とわざわざわかりにくい書き方をしていますが、従来0円であった円貨決済でも約定金額x0.495%の取引手数料に変更されるということですね。

「お知らせ」の最後に、「《取引手数料について》これまでは米国株式の売買に係る取引手数料を無料としておりましたが、「外貨決済サービス」の開始に伴い、上記のとおり取引手数料を改訂させていただくこととなりました。」
とありますが、これは手数料改定の告知ではなく、外貨決済の開始に関する告知の中にある文面です。

因みに私はDMM株の口座を持っていないので米国株の取引もありませんが、利用者には個別にメール等で丁寧な事前告知をしているのかも知れませんが、公式サイトを見る限りはなるべく改悪に見せないような工夫が施されて新規口座開設希望者も気付かないかも知れませんね。
個人的には横並びで高止まりするネット証券の米国株取引手数料でチャレンジングな試みをするDMM株を興味深く見ていましたが、再度大手ネット証券と同一の取引手数料まで値上げする結果となったのは大変残念ですね。

4年以上ゼロ円で頑張って来たものの採算的に厳しかったのかも知れませんが、改悪の仕方や告知方法に誠意を感じられません。
大手の半額で0.25%の取引手数料に引き上げるならまだ許容できる部分もあったと思いますが、SBIや楽天と同じ手数料レベルなら世間が何故DMMを選んでくれると考えるのか不思議です。

それとDMMが手数料ゼロ円だからと中長期保有目的で米国株を買った人に対して決済時にはお代を頂きますと掌返しをする結果となるのだからもう少し誠意が必要だと思うんです。
利害関係のない立場からはゼロ円なんて続く訳ないのに手数料だけで選んだ人の自業自得と言えなくもないが、取引の度に為替手数料25銭は取ってそれがDMMの収入になっていて4年は続いたのだから継続できず大幅値上げするのはDMM側の問題ですね。

むしろある程度持ちっぱなし顧客の保有株が増えたところで値上げした場合にいつかは確実に取れる売却手数料を皮算用して値上げ最大限となる大手ネット証券同等レベルにこのタイミングで引き上げたのかなと穿った見方だって出来るんですよ。
そう受け取られないために丁寧な告知や納得感のある引き上げ方が必要だったのではないかと思います。

DMMは米国株の出庫手数料はゼロ円設定で今のところ有料化の情報はないので、既に保有している方は他社への移管も選択肢に入れて良いかも知れませんね。

今回の値上げにより、米国株取引でSBIや楽天よりDMMを選択するメリットは見当たらなくなったと思います。
また、競争が1つ減り日本における米国株取引手数料高止まりは今後も続きそうだと思うと、今回のDMM米国株の手数料ゼロ円ギブアップは大変残念ですね。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
posted by 韋駄天太助 at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月24日

野村の「NF・日経半導体ETF」が東証上場決定でSBIのサウジアラビアETFも上場確実!?

ユニークなETF2本が東証上場予定となっています!?

まず1つ目はサウジアラビアETFです!
時期はまだ未定ですが、岸田総理がサウジアラビアとの首脳会談で包括的枠組みの中で合意したことなので、東証にサウジアラビアETFが上場することは間違いないと思います。
SBIHD傘下の資産運用会社(SBIアセットマネジメントと推測される)が現地企業との業務提携でETFを組成することも決まっています。
外国人の購入に制限を課しているサウジアラビア株を東証のETFで投資可能となることに意義があるとは思うものの、個人的にはサウジETFだけ出して来られても待ってましたとはなりません。

新興国好きな私でも仮にサウジに投資するとしても非常に小さな割合に留めると思いますし、どの程度の資金が集まり育つかは疑問です。
米国ETFのようにいくつもの国別ETFの選択肢がある中での1つにサウジだと思うので、SBIにはサウジを機に国別ETFを広く揃えて行って欲しいですね。
(英国ETFもオーストラリアETFもないのにサウジが先ですか?儲かりますかね?)

海外のサウジアラビアETFでは、米国ETF(KSA)の経費率が0.74%、香港ETFの経費率が1.2%なので、東証ETFもSBIが頑張って1%弱と言ったところになるのではないでしょうか?
個人的にはサウジETFでサウジに気軽に投資できるようになることよりも、波及効果となり東証上場の国別ETFが増えていくキッカケになれば良いと思います。

2つ目は、6月4日に上場決定の「NEXT FUNDS 日経半導体株指数連動型上場投信」(愛称:NF・日経半導体ETF)!
銘柄コード「200A」が覚えやすくて良い番号が取れましたね。

東証上場の時価総額上位30銘柄を加重平均した「日経半導体指数」が今年の3月25日から算出開始されていましたが、連動するETFはまだなく野村のETFが第1号となります。
フィラデルフィア半導体指数(SOX指数)を猿真似した東証版が「日経半導体指数」であり、野村ETFは日本版SOX指数ETFとも言えます。
少し皮肉っぽくなりましたが、最近の日経平均を押し上げてきたのは半導体関連銘柄であり、生成AI等により高成長銘柄に返り咲いているので遅ればせながら日経は良い指数を組成したと思います。

SOX指数が伸びていくなら日経半導体指数も米国に右へ倣えで伸びていく、エヌビディアが伸びていくなら東京エレクトロンも伸びていく、米国株は敷居が高いし個別株もよく熟知してないけど半導体株全体の伸びにはベットしたいから、日本版半導体指数の東証ETFで充分というニーズに応えられそうです。
日経半導体指数にも今をときめく銘柄が並びますが、構成比18%で組み入れ1位の東京エレクトロンは今や一単元300万円ないと買えないので個人ではリッチにしか手が出ませんが、このETFなら1口2千円程度から購入できるので購入金額の敷居が低くなるメリットもあります。

ただ、信託報酬が税込0.462%でもう少し頑張れるだろうと思うのですが、まだ競合がなく日経指数連動ではありませんが「グローバルX 半導体関連-日本株式 ETF」の信託報酬が税込0.649%なので、このレベルを基準にして野村ですし安売りせずに設定して来たのでしょうね!?
野村だけが日経半導体指数のETFを出して終わりということも考えにくく、第2第3のETFを組成する運用会社により信託報酬低減は期待できると思います。

ということで、日経半導体指数は日本の今(今後?)の強みにフォーカスしたユニークな良い指数だと思いますし、いつ上場になるかは不明ですがサウジETFも東証ETFの多様化と活性化に貢献してくれることを期待します!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
posted by 韋駄天太助 at 12:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月17日

eMAXIS NASDAQ100インデックスが信託報酬を約0.2%に値下げ!ニッセイと双璧!?

三菱UFJアセットマネジメントは6月13日に「eMAXIS NASDAQ100インデックス」の信託報酬を年率税込0.44%から0.2035%に引き下げると発表しました!

これはニッセイの同ファンドにピタリと合わせたコストとなりますが、純資産総額は1千億円を越えており今更このタイミングで実入りが半減となる値下げを敢行するのは違和感があります。
より意識しているのは、今年の設定にも関わらず信託報酬0.198%の4カ月足らずで純資産290億円を集めている楽天の同ファンドかも知れません。
楽天の再値下げを刺激するのも嫌だし、運用会社への信頼やブランドを考慮すると楽天と同値にする必要もなく、楽天とニッセイ両社への対抗とNISAで選ばれるようにとこのタイミングで値下げ敢行したのでしょうね。

現時点での販売ランキングを見ると、
SBI証券(楽天の扱いなし)では週間販売ベースでニッセイ5位に対してeMAXIS57位、
楽天証券では週間買付ベースで楽天17位ニッセイ25位に対してeMAXIS57位
となっているので、大手ネット証券での売れ行きの違いも値下げを促したかも知れませんね。

楽天はまだ未知数なのでこの程度の信託報酬差で飛びつくべきではなく、今回の値下げによりNASDAQ100投信はニッセイかeMAIXSのどちらかを選んでおけば無難だと思います。

SBI証券で現時点の1年騰落率を比較すると、eMAXIS57.26%に対してニッセイ57.70%で0.44%上回ります。
単純な信託報酬差は0.2365%なので、残り0.2%程度はその他要因でニッセイが上回っていることになりますが、今後は確実に信託報酬差による優劣はゼロになります。

ニッセイの「その他経費」は23年9月決算の第一期で0.06%、総経費率は0.26%と記載されています。
eMAXISは23年1月27日から24年1月26日における「その他経費」率が0.02%、総経費率が0.46%と記載されています。
その他経費率ではeMAXISの方が年間0.04%低く、その分だけ1年騰落率も良化する筈ですがそれは見受けられず、実際にはトラッキングエラー等でそれ以上にeMAXISが劣後する要因があると推測できます。

また、ニッセイの方はファンド立ち上げ後約半年に掛かったその他経費を年間ベースに直しているので、0.06%は今後圧縮されていくことが期待できるでしょう。
その為にも必要な純資産規模も3年超運用しているeMAXIS1千億円超に対してニッセイは1年余りで1千5百億円に迫っています。

ということで優劣を決めつけるのは難しい状況ですが、事実としては仮に同じ信託報酬だったとしても過去1年ではニッセイのパフォーマンスが年間0.2%程上回っていた筈ということ。

そもそも0.0X%の微小世界で今後縮小していくと期待される「その経費」率の違いだけでeMAXISを選択するのも個人的には疑問です。
その他経費が更新されるのも年1回なので、当面の選択には両社の騰落率の違いをウォッチするのがベストだと思います。

大きな差はないと考えて両方を買うのも一案ですし、今選ぶなら個人的にはパフォーマンスからもニッセイですかね。
それに心情的にも競争対抗上後から仕方なく値下げしたeMAIXSよりも、最初から良心的な信託報酬を設定したニッセイを応援したいですね。

それにしても本家米国NASDAQ100連動ETFのQQQが経費率0.2%ですから、日本のNASDAQ100投信のコストは今やそれに匹敵するし、その先陣を切ったのがニッセイです。
もちろんeMAXISの今回の値下げと競争拍車は大歓迎ですけどね。
NASDAQ100投信を信託報酬0.2%前後で複数選べるなら贅沢な悩みかも知れませんね。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
posted by 韋駄天太助 at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月10日

「グローバルXインド・トップ10+ETF」が東証上場!auAM投信の信託報酬0.2%台値下げと対照!?

「グローバルX インド・トップ10+ ETF」が5月23日に東証上場の予定となっています。

グルーバルXらしく(?)人気化マーケットにも正攻法では投入して来ません。
Mirae Asset India Select Top 10+ Index指数に連動させますが、この指数はインドを代表する企業15社で構成され、流動性の要件を満たした銘柄の中から(細かいことは端折りますが)時価総額上位の銘柄を選定します。

信託報酬は税込0.7185%に設定されていますが、インデックス投信が0.3%前後の競争になっているのでもう少し頑張って欲しかったところ。
でも、そういう競争に巻き込まれないように色を付けて信託報酬を維持するのがグローバルXの考え方なんでしょうね。

一方で「auAM Nifty50インド株ファンド」は4月26日に信託報酬(年率税込)を0.4675%から0.297%に引き下げました!
昨年からワラワラと登場したインド株インデックスファンドは殆どがNifty50指数連動であり、後出しのSMTAMと楽天が税込0.308%で設定して来たので、純資産総額が伸び悩んでいて運用会社の名前でも負けてしまうauAMが利益を削っても最安値の椅子を取りに来たということでしょう。
同じ指数に先物で連動させる投信ばかりなので過当競争の中で差別化するのは価格程度ということになりますね。

グローバルXは「トップ10+」が紛らわしいのですが「トップ15」と明確に定義されています。
ボンベイ証券取引所(BSE)の上場銘柄を対象にするようなので、Nifty50よりBSE SENSEX指数に近いと思われます。
15銘柄は少ないように感じるかも知れませんが、BSE SENSEX指数は30銘柄なので半数です。(Niftyでも50銘柄)
銘柄が少なくなるから分散が出来ずに偏るかというと新興国の場合そうとも言い切れません。

「SBI・i シェアーズ・インド株式インデックス・ファンド」の対象ETFは連動対象がSENSEX指数なので直近の業種別構成比を見てみます。
金融37.4%、情報技術14.3%、エネルギー11.6%、生活実需品8.4%、消費財サービス8.3%
やはり単純な時価総額だと金融が4割近くとなり、これは新興国の指数全般にあてはまる傾向です。

Mirae Asset India Select Top 10+ Index指数の直近における業種別構成比は、
情報技術19.7%、金融19.0%、通信12.2%、ヘルスケア11.6%、エネルギー10.9%
となっていますが、業種の表記や区分が若干異なる可能性はあるものの、9業種から1銘柄は選ばれ、かつ1業種で3銘柄は選ばない仕組みになっているので金融の比率は抑えられて業種別の偏りは主要指数より小さいと言えます。

ということで、インド横並びのインデックスファンドの中でユニークなETFを投入して来たと思います。
ただ、今となってはインド株インデックスで0.7%台の信託報酬は高い部類なので、基本は0.4%前後のインデックスファンドから選べば良いと思います。

それなりにインドにのめり込んでいる投資家が色を付けてアロケーションするには良い選択肢になるかも知れません。
それと投信よりETFを好む人には野村のNEXT FUNDSインドが税込1.045%と価格競争に我関せずで下げていないので、「グローバルX インド・トップ10+ ETF」の方が安くて良いかも知れません。

但し、Nifty50のように先物運用したくてもTOP10+の先物がある訳なく100%現物運用となると思われ、キャピタルゲイン課税等の影響で指数に対して想像以上に下方乖離する可能性もあり、運用開始後しばらくは飛びつかずに観察した方が良いかも知れませんね。

インド株インデックス投資に新たな選択肢が加わることは歓迎したいし、信託報酬をもう少し頑張って貰いたかったところですが、横並びインドにおけるグローバルXのユニーク商品投入は評価したいと思います!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
posted by 韋駄天太助 at 11:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月02日

「Tracers S&P500トップ10インデックス(米国株式)」が登場!超低コストのS&P10ファンド!

日興AMが「Tracers S&P500トップ10インデックス(米国株式)」を5月16日に設定します!

連動対象となる「S&P500トップ10指数」は、S&P500指数のうち時価総額上位10社の株式で構成される株価指数で、毎年6月に構成銘柄の見直しを実施して、年4回構成比率の調整が行われるとのこと。

一言で言えば、S&P10指数でありS&P10ファンドです!

このファンドの最大評価ポイントは何と言っても驚愕の低信託報酬0.10725%(税込)!
10社程度しか組み入れないのにS&P500連動のslim米国0.0937%を上回るコストで別に安くもないと思うかも知れませんが、イヤイヤありえない低コストです!

競合ファンドと想定されるマグニフィセント7銘柄に投資するだけの「米国大型テクノロジー株式ファンド」が税込0.594%、NISAつみたての対象で10銘柄に投資するだけの「iFreeNEXT FANG+インデックス」がボッタの税込0.7755%に対してこの信託報酬設定です!
おそらく0.3%程度の設定でも充分に資金を集められるところをコストベースに基づき極めて良心的な価格設定をした日興AMを高く評価したいですね。
素人目線では500社を売買して入れ替えるファンドより、たった10社を売買して入れ替えるファンドの方が圧倒的にコストを抑えられる筈であり、個人的には10銘柄程度で信託報酬0.5%を越えるのはとんでもないボッタと見做しますね。

私はM7ファンドについては個別株を買う方がコストメリットもあり不要と判断しましたが、S&P10ファンドかつ低廉なコスト水準ならメリットがとても大きいと考えます!

@10年以内保有ならファンドの方が低コストかも?
ネット証券でもNISA枠外なら米国株の手数料は高く為替手数料と合わせて往復で1%超のコストは見ておく必要があります。
それならS&P10ファンドを10年保有しても約1%の信託報酬支払いであり、ファンド内容からその他経費が大きく膨らむことも考えにくく、長期保有目的の個別株でなければS&P10ファンドの方が気軽に売買できそのまま長期保有になってもコストは膨らまない!

Aファンドの方が配当金の非課税再投資で有利!
配当しない企業も多く含まれ配当金利回りは高くない筈ですが、ファンドなら外国税は引かれるものの日本側の源泉税はかからずに内部で再投資されます。
個人によりニーズは異なりますが、課税後の配当金受け取りを望まない人には個別株よりS&P10ファンドを買う方が良いかも知れません。
連動対象が(税引後配当込み、円換算ベース)となっているので、インデックスファンドですし無分配方針と推測されます。

B意思もなく毎年米国トップ10銘柄選ぶだけのノンポリファンド!
褒めて書いたつもりですが(笑)、類似のM7やFANG連動とコスト以外にも差別化されているのがこの点。
今はS&P10にM7が含まれますが、このファンドはM7に投資する為の道具ではありません。
これからは生成AIだ!M7の最強は不変だ!これからはエヌビディアだ!いやイーライラリーだ!といった思い入れも考えもなく、ただただ毎年時価総額トップ10を組み入れていくだけです。

24年2月末の指数構成銘柄はM7 + バークシャー + ユナイテッドヘルス + J&Jなので、これでは単なるM7ファンドと言われても仕方ありませんが、時価総額がそうなってるだけで知ったことではないんです!?

では、2015年12月末のS&P500指数構成上位10社を見てみると、AFAM(グーグル含まず4社)+ バークシャー + J&J + エクソン・GE・ウェルズファーゴ・JPモルガンと顔ぶれは変わり、M7のうち9年前も含まれていたのは4社になります。

では、9年後のM7はどうでしょう?
そんなことは関係なく、S&P10ファンドは9年後には9年後の時価総額トップ10を淡々と組み入れるだけであり、9年後のトップ10を当てられる人にはこんなファンド必要ないので個別株を全力買いしましょう!
トップ10銘柄追いを個人でやると毎年銘柄を入れ替えて都度課税が発生しますが、ファンド内部で行ってくれて常にトップ10銘柄を組み入れながら投資家の側にはファンド売却まで課税が発生しないことは大きなメリットになります!

ということで、個人的には評価ポイントが多くて高いファンドですね。
「Tracers S&P500トップ10インデックス(米国株式)」ファンドはかなり人気化するのではないかと思いますが、それも納得の内容だとは思うものの慎重に行くなら実際のパフォーマンスと総経費率実績等がわかる1年程度は待っても良いですね。
個人的にはS&P10ファンドよりM7やFANG+ファンドを選ぶ理由はコストの面でも内容の面でもないことになります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
posted by 韋駄天太助 at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする