2009年10月25日

【書評】「ソロスの錬金術」ジョージ・ソロス著

クォンタムファンドを率いた大投資(投機)家ソロスが書いた錬金術の本?
新版として2009年刊行の本だが、1985〜87年頃に書かれた内容に前書きが付け加えられています。



ソロス先生の書くことは難解すぎます。

20年前の状況分析とその時点での予想を読んで参考になる訳ではありません。
しかし、ソロスの思考回路がどうなっているかを垣間見ることはできます。(難解!)

氏の考えはファンダメンタルズ分析もテクニカル分析もランダムウォーク理論も否定の立場ですが、私が読む限り氏の考えは一般的に言われているファンダメンタル分析の範疇に入ると思います。

「市場は常に間違っている」という有名な氏の言葉もそうなのですが、おそらく一言では真意が伝わらないし、言葉尻を捉えていると誤解すると思います。

少なくともテクニカル分析で財を成した訳ではないと思いますが、長期ではなく短中期での動的なファンダメンタルズ分析と表現すれば良いのでしょうか?

難解な「再帰性」の理論を用いてファンドが驚異的なパフォーマンスを挙げてきたのですが、その理論を理解しようとすると大変です。
私が間違っているかも知れないが、敢えて単純化してみます。

市場が効率的で均衡点に向かうという考え方はデタラメである。
それは私のファンドの実績が証明している。
市場には常にバイアスがかかっていて、そのバイアスは強化される方向に向かい易い。
(均衡点なるものがあるとすれば、そこから遠ざかっていく。)

ある時、市場のバイアスを現実・経済実態が支えきれなくなり逆方向に堰を切って動き出す。
(市場の行き過ぎに対して適切に介入しなければ、破滅的な状況を迎えかねない。市場原理主義は間違い!)

市場の転換時期は予想できなくても、明らかにトレンドが間違っていて大きな乖離が生じていることがわかれば、収益を得るチャンスは無限にある。
市場が間違えてくれるから、私に収益チャンスが生まれるのである。

単純化し過ぎですが、こんな感じでしょうか?

テクニカルの短期トレードとは全く異なる考え方です。
かと言って、トレンドに逆らえと言っている訳ではありません。

あくまで私の理解ですが、
平時は精度の高い予想をすることによって順張りでポジションを取り収益を上げる。
相場のトレンドが大きく変わることは読んでいるので、そのチャンスを虎視眈々と狙い、滅多にない機会で大きく張って大収益を上げる。

もっと簡単に言うと、ソロスの予想は他人より当たるので儲かる。
その予想が当たるのは、氏曰く「再帰性」の理論を用いているからだと言うのですが、私の印象は複雑な経済事象の次の動きを様々な変数から重み付けをして予測する能力に長けているのだと思いました。

「再帰性」の理論は予測方法に取り入れているが、簡単に言うと静的なファンダメンタルズ予測は意味がなくて、動的な予測が必要だと言っていると思います。

市場がファンダメンタルズにも影響を与えるのだから、それも考慮に入れて予測するべきだと言っていると思います。

AだからB、BだからCだけど、Dというマイナス要因が30%起こりえるので、それがAにも影響を与えるから結局はCとはならず、Eという結果になる・・。
(凡人は静的にCという予想しか導かない。)

こういう複雑な思考・因数分解が瞬時にできる人なんだと思います。
(あくまで私の理解であり、全く見当外れなのかも知れません・・。)

非常に面白いのは、第三部の「リアルタイム実験」の章です。

ここでは、1985~86年にソロスが何をどう考えてクォンタムファンドでポジションを取ったかを日記風に実況中継しています。
私の印象は、ソロスも普通の人じゃない?(笑)

予想が外れて大損を出して損切った、早く売りのポジションを持ってしまい上昇トレンドが止まらず損切ったとか、決して連戦連勝ではないことがわかります。

何をどう考えの部分も専門知識は必要ですが、特別凄い予想をしている訳ではなく、世界一のヘッジファンドマネージャーもこの程度なのだとわかり安心しました!?

結局、資金管理術と確率的に5割以上当てることと滅多にない大儲けのチャンスを捉えることに長けているのかなと。

また、稀代の相場師というよりも非常に慎重な面が窺え、大儲けすることよりも損しないことが優先とも述べており、意外な印象を持ちました。
(でも、大物は皆こう言いますよね。ここぞという時の勝負勘が優れているのでしょう。)

400ページを超える本で、難解な内容も多く一般向けに勧められる本ではないと思いますが、理解できると勘違い、いや自信のある方やソロスの考え方を少しでも参考にしたい方にはオススメします。

にほんブログ村 為替ブログへ  [←参考になりましたら一押し。m(._.)m]
posted by 韋駄天太助 at 00:15 | Comment(3) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も同じくソロス氏も特別な予想力があるわけではないという印象を持っています。


ベストセラーになった『ソロスは警告する』でも昨今の金融危機下の予想を外していましたし。
ただ、その誤りをすぐに認められるのがソロス氏の凄さだと思います。他のアナリスト達は一生懸命言い訳するか、だんまりを決め込むかしますが、ソロス氏は堂々とインタビューで誤りを認めていたのが印象的です。
さすがは哲学者ですかね。
Posted by 吊られた男 at 2009年10月25日 00:39
いやいや、なかなか消化できませんが自戒を促す点が多々あります。

非論理的な経済動向を論理的に解釈することができる稀有な存在、結果に裏打ちされていますからすごさがありますね。

複数のノーベル経済学者が破綻するご時勢ですから氏の存在が際立ちます。

さてさて、ボリンジャー、RSI、RVI、乖離と凡人ゆえに頼るんですなー私の場合。

羅針盤とGPSの違いかも。

氏の関数は将来、ソロスバンドと呼ばれるでしょうね。
Posted by siden at 2009年10月26日 01:09
吊られた男さん、

特別な予想力がある訳ではないと言えばそうなのですが、やっぱりExcellentな予想ができるのだという印象を私は持っています。
この本の中でも、日本が世界の覇権国になることについて懸念も示していましたが、当時ならそのような予想も決しておかしなものではありません。
全ての予想が当たる訳ではないですし、まさに
>その誤りをすぐに認められるのがソロス氏の凄さ
であり、長期投資家ではないので、状況が代われば予想結果も臨機応変に変わり、それが「再帰性」ということになるのだと思います。

本を読んで、奢ったところは一切感じませんでした。
哲学者で「無知の知」があるのでしょう。(笑)
百万円を一億円にして自分は必勝法を持っていると思い込んで本を出してしまう人と本物・大物は違うことはわかります。


Sidenさん、

結局ソロスの真似は凡人にはできないから、部分的に参考にするしかありませんね。
氏は金融工学にも否定的でしたね。

短期でテクニカルに頼らない人は少ないですよね。
氏がテクニカル全否定で全く見ないかどうかは私にわかりませんでした。
Posted by 太助 at 2009年10月26日 14:32

にほんブログ村 為替ブログへ←参考になりましたら一押し。m(._.)m

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック