2010年07月28日

マネックスが香港のBOOM証券を買収!日本損切りかも知れないけど日本の顧客にもサービスしてね!?

昨日、マネックスグループが香港のBOOM証券グループの経営権取得を発表しました。

知らない人はフーンで終わりかも知れませんが、少しでもBOOM証券を知っている人は面白いと思ったはず。

まあ、日本とアジアで食うか食われるか(?)、どちらが買収する側に廻るかはケースバイケースでわからない時代ですしね・・。

海外に証券口座を・・、オフショアの香港で・・、とありがちな考えを持って検討したことがある人は(私も含めて)BOOM証券の名前ぐらいは知っているはず。

手数料が安くて、アジア市場を中心に、日米豪の市場も含めて12の証券市場にアクセスできるので日本人にも人気がある香港のネット証券です。(ネックは条件により年間200HK$[←高くはない]の口座維持手数料が掛かる場合もあることか?)

日本在住の日本人も口座開設可能なので、ネットで検索すれば、BOOM証券の口座開設サポートで商売されている方も沢山いることがわかります。(大抵はHSBC香港の口座開設とセットで)

この香港の人気ネット証券の経営権をマネックスが握った訳です!

何が凄いって、BOOM証券のサービスを全て円換算してマージンを少し乗せて日本で取次ぎをするだけでも、日米市場も含んだ12カ国にアクセス可能な立派なネット証券が一丁上がりな訳ですよ!

或いは、BOOM証券の入金口座を日本の銀行に設けて、海外送金と外貨両替を回避して円で取引できるようにして、全て日本語で口座開設可能で開設後も日本語でのサポートを付けて、マネックスが大々的に(日本の財政不安を煽っちゃったりしながら!?)オフショア香港での口座開設を取り次げば相当な数を集められますよ!
(口座開設サポート業者は商売上がったりですけどね。)

そうは言っても、マネックスは日本(の証券市場)に見切りをつけて、海外で収益を上げる為に買収したのでしょうから、香港でどうやって儲けるかが先決なのでしょう。

でもそうは言っても、マネックス証券でも使えるものは使うことを考えるだろうし、経営権を100%握るのだから何ら支障はないはず。

マネックス証券で実質BOOM証券のフルサービスが利用できればベストですが、まず第一に期待したいのは中国株取引コストの低減と使い勝手の改善です。
旧オリックス証券は知りませんが、マネックスの中国株はユナイテッドワールド証券のOEMで融通が利かなかったはず。
BOOM証券に繋げば、手数料はもっと安くできるはずだし、マネックスグループとしてはボリュームが増えて儲かるはず!

他にも、米国株だけはBOOMでも手数料が高めで1約定20ドルですが、それでもマネックスの1約定25.2ドルよりは安いので、これも下げられるはず!(勝手を言うな!)

個人的には現状予定はありませんが、シンガポール・フィリピン・タイ・マレーシア・インドネシア&オーストラリアの個別株が1約定0.25%〜0.5%の低廉な手数料率で買えるBOOM証券は魅力ですね!

ということで、マネックスグループの様々なシナジーが考えられると思いますが、良いサービスの提供とグループの発展を期待します。


マネックスグループさん、日本損切りなんて言わずに(別に言ってないけどね!?)、BOOM証券買収で香港ばかりではなく日本の顧客にも忘れずにサービスしてね!

にほんブログ村 株ブログへ  [←参考になりましたら一押し。m(._.)m]
posted by 韋駄天太助 at 09:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

にほんブログ村 為替ブログへ←参考になりましたら一押し。m(._.)m

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック