2011年09月26日

金銀の大暴落!?リスク回避の仮面を被ったハイリスク投機が剥げ落ちればチャンス?

先週末に金が急落しましたが、週明けも続落しているようです。
1900ドルの高値を付けたのは今月上旬であり、主な理由はギリシャを主とした欧州のソブリンリスク。

ところが、それ以降は下げ基調で金曜日は100ドル以上下落して1600ドル前半を付けました。
週明けのアジア時間には続落で1500ドル前半の安値を付けました。

オイオイ逆だろ!
ソブリンリスクが更に高まっているのだから今頃2000ドルを超えていてもおかしくないだろ!
と思うのは私だけではないでしょう。

理由はイロイロ言われていますが、全面換金リスク回避で金も売られる中、米国で金銀先物の証拠金が引き上げられたことが、怒涛の金銀売りに拍車をかけたようです。

ソブリンリスクの回避で安全資産の金に資金が流入しているとよく解説されますが、実態は投機筋がレバレッジを効かせてめちゃめちゃ金でリスクテークしていたから、証拠金引き上げでギャフンとあわてふためきリスクオフに走ったら安全資産の金が暴落したって笑い話です!?

金の上を行く暴れん坊将軍はやはり銀!

例えば、ETFSの銀ETF(1673)は本日な・なんと−34%の下落で引けています!
これ一年間の下落率ではなく、前営業日に対してだから、祝日は挟むと言ったって、たかが4日前で2営業日前の終値に対して34%安!

4日前に100万円の値札が付いていた銀が、劣化なしで今日は66万円で売られているってことです!
閉店前のスーパーの寿司の値引きじゃなくて、腐っても、いや腐らない銀だよ!

ゴールデンウィークにも銀が暴落したことを覚えている方も多いと思いますが、今回の凄まじい暴落はシルバーウィーク!
まさに敬老の日の後にシルバー暴落ウィークとオチが付いたところで、やっぱり日本の連休は暴落注意報ですわ!

自称プロの投機筋やファンド勢が慌てふためき投げ売って、ファンダメンタルズで説明の付かない安値が付いている時はチャンスと捉えるべきでしょう。

金が1600ドル、銀が28ドル近辺の現在は長期的には安全圏に思われますが、皆が売っているときに買い向かうのは勇気が要るものです。

でも、こういう局面で極端にびびってしまう人に限って、金が1900ドルを付けて2000ドルを超えるのは時間の問題と煽られていた時には付和雷同で勇気もなしに買えてしまうのではないでしょうか?

下手な自称プロが安値でブン投げている劣化していない商品を喜んで買い拾わせて貰いたいものです。(キャッシュがあれば・・)

別に買い煽りではありませんけど、私に一銭の得もないので、自己責任と判断でどうぞ。
でも、ソブリンリスクが怖くて債券も株も買えないと縮んでいる人が何故金も買えないのでしょうか?

投機的な私は銀派なんですけど、数日で20〜30%の乱高下は当たり前と思ってないと、金の弟分でも安全資産とは対極にある暴れん坊シルバー将軍に振り落とされてしまいそうです!?

まだまだソブリンリスクが高まるのはこれからだから、リスクは取れないって?
じゃあ、金は買われるのか・・?売られるのか・・?難しいっすね。

にほんブログ村 株ブログへ  [←参考になりましたら一押し。m(._.)m]
posted by 韋駄天太助 at 19:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
欧州の金融不安がらみで換金売りという話もあるようですね。
みんなキャッシュポジションを増やしたいのでしょう。
それにしてもこれだけ「リスク回避のドル高」(円高ドル高)になっているにもかかわらずNYダウの異常な高水準には非常に違和感を覚えます。QE2以降のダウの上昇は明らかに「ドル安の代償」の色が濃かったので個人的には現在の水準は割高に思えてなりません。
金融危機でわずか数年で市場のドル流通量が今までの2.5倍にもなったのにこの程度の株価下落でここまでドル高になるのはそれまでのドルキャリーがいかに強烈だったかの証左なのでしょう。
ただいくらなんでもインフレ率が3%越えで米10年債の利回り1.8%台(日本の倍もない)は行き過ぎではないでしょうか。
ドルの対極のユーロがとことん嫌われているのが原因なのでしょうが・・・。
Posted by オージー at 2011年09月27日 04:22
私もNYダウの高水準は気になっています。
他のリスク資産はもういい所まで落ちたかなと思いますが、それに比べて世界経済減速の中心にある米国株の高さは違和感がありますね。
資金がドルに戻って、行き場のないマネーが仕方なく為替リスクのないNYダウに流入しているという影響もあるのでしょうか?
QE2で勝手にイケイケで上昇しておいて、今後米国株がさらに下落した場合に世界中をまだ巻き込むとしたら、いい迷惑ですね。
Posted by 太助 at 2011年09月28日 10:07

にほんブログ村 為替ブログへ←参考になりましたら一押し。m(._.)m

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック