2011年10月03日

本邦投資家は投機筋よりタチが悪い!?分配金目当てでブラジルレアル投信を買いまくり暴落!?

恐れていたことが起こりましたね。(いや、現在進行形か?)

ブラジルレアルが暴落しました。
8月頭に53円が現在41円くらいなので、2カ月間で約23%の下落です。

この2カ月でリスク資産全般が暴落しているので、ブラジルレアルだけを取り上げて騒ぐのはフェアではありませんが、ブルームバーグによれば過去3カ月の通貨全体でポーランド・ズロチ、ハンガリー・フォントに次いで世界ワースト3の下落率であり、レアル独特の下落要因が指摘されています。

本邦投資家による投資信託経由でブラジルの株・債券・為替への巨額投資額約8兆円の流出懸念!
9月中に本邦投資家がレアル建てオーバーレイ投信から引き揚げた金額は約500億円なので、(株投信の解約は含みませんが)流出額は全体の0.6%程度であり、まだ流出は本格化していません。

従って、これまでの暴落を本邦投資家が加速したという証拠はありませんが(勿論レアル高に下駄をはかせ加速させてきたという意味では影響大でしょうが)、10%の流出(約8千億円)でもレアルに重大な変化を与えると指摘されています。

つまり、ここまでの暴落を主導したのは投機筋ですが、この暴落により比較的腰の重い本邦投資家のレアル投信解約率が10%に達すれば、レアルを更に押し下げる可能性が高いということです。

国民性から考えて、暴落しても塩漬けする割合も多いと思いますが、レアル投信に多額の投資をしている客層を考えと、野村證券の営業マンに怒りのゴラァ電話をかけて「こんな話は聞いてないぞ!分配金利回り10%以上って調子のいいことだけいいやがって、元本が2割も凹んでるぞ!どうしてくれるんだ!」と自己責任とは対極にある投資家(?)も多いと思われます。

今後1〜2カ月で解約が10%以上あっても私は何ら驚きません。
となると、レアルはまだまだ下がり低迷が長期化する可能性もあるのかも知れません。

ブラジルの投信は2年前に資産規模がたかが1兆円未満だったものが、現在は8兆円に膨れ上がっているようですが(こういうのをバブルと言うのでは?)、8倍増に貢献したのは株ではなく、大手証券が開発した配当利回りの高いブラジルレアル建て複雑商品(米国REITのブラジルレアルコースとか意味不明なやつ)に世界的低金利で行き場を失った日本独特の分配金至上主義マネーが群がった為でしょう。
(+野村等大手の投資に疎い金持ちからの集金力、もとい知的な富裕層への営業力!?)

過剰な投機も問題ですが、レアル円が今いくらで高いか安いかも判断せずに、野村が売って皆が買っているから安心と、猪突猛進でレアルを押し上げるのも市場を大きく歪めている訳です。
投機筋はファンダメンタルに反するのではなく、即して囃して上下に過剰なレベルまで乖離させますが、思考停止で分配金目当てに高低関係なしに大量マネーでとにかく買い上げる方が市場を歪めるという意味では罪が重いかも知れない。
(と考えたことはないのかな?自分の行為は棚に上げて投機筋はケシカランとか言っちゃってない?)

私もブラジル株へはそれなりに投資しているので、間接的にブラジルレアルへも投資していることになるのですが、本邦投資家の高金利ブラジルレアル人気と異常な規模でのマネー流入は大変懸念していました。
以前も似たようなことを書いたなと思って探してみると、約1年前にもレアルの暴落警戒と書いていました。(↓)
http://financial-free-fx.seesaa.net/article/166602732.html

この辺の日本の国民性については手を変え品を変え投資に向いていないと何度も書いてきましたが、とても有効で外さない教訓だと思うので、1年前に書いたことをそのまま繰り返します。

「日本人が集団で徒党を組んでイケイケドンドン群がったら、その群れから離れた方が無難(=逆指標!)だ」

私はこの「寄らば大樹の落雷場所」を避ける適切な方法を今後も思考停止で(!?)実践しようと思います。(笑)

にほんブログ村 為替ブログへ  [←参考になりましたら一押し。m(._.)m]
posted by 韋駄天太助 at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

にほんブログ村 為替ブログへ←参考になりましたら一押し。m(._.)m

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック