2012年02月28日

エルピーダ破綻とメガネスーパー人員削減。吉野家は東京チカラめしと競争するな!?

エルピーダメモリの破綻が大きく報じられていて、破綻の理由はいくつもあるでしょうが、素人的にもパソコン価格等の劇的な下落ぶりを見ると、日本のメーカーが半導体に特化して利益を捻出するのは至難の技だろうと思います。

エルピーダの名前はネット証券のトップページでよく見かけて、社債だったかPOだったか(両方か?)やたらめったらと募集していたので、個人投資家でも保有している方が多いのでしょう。
社債不履行が約1385億円でマイカルに次ぐワースト2位の規模で、投資家が取り戻せる弁済率は元本の5〜20%と言われているようです。

泣いても笑っても投資は自己責任であることを改めて肝に銘じたいし、少なくとも「国が支援しているから安心」という東電やJALに投資するのと同じ貧困な(!?)発想は想定外のメルトダウンを招く危険があることは既に経験済だし、投資家には「寄らば大樹の陰」といういんちきセーフティネットは存在しないので、他力本願は自分の中でメルトダウンさせたいものです!?

エルピーダに比べれば地味なのですが、メガネスーパーが5期連続の最終赤字予想で希望退職を募り全従業員の26%を人員削減すると発表しました。
このニュースを見て、メガネ屋と牛丼屋の競争が似ていて、メガネスーパーと吉野家が重なって見えました!?

メガネスーパーはその名前が示す通りに、当初は旧態依然でぼったくりのメガネ業界で価格破壊を行い、成長してきたはずです。
ところが、ZoffやJINSのように5千円程度でオシャレな眼鏡を販売する新興企業がチェーン展開を拡大すると、かつての価格破壊の雄メガネスーパーも競争についていけない。

困るのは今の時代のプライスリーダーが「安かろう悪かろう」ではなく「安かろう品質そこそこ」で大量に客を奪っていくので、中途半端に安かったメガネスーパー等は値段で対抗しても赤字、かと言って5千円メガネより品質が特別良い訳でもないから価格維持ではシェアが奪われるという泥沼にはまり込みます。

結局、「メガネスーパー」という名前を付けて安さを売りにして他に強みは特にないのだから、プライスリーダーの価格についていけなくなった時点で勝負あったのだと思います。
(品質・ブランドの向上なしにメガネデパートに社名を変えても売上は増えないでしょう・・。)

先日、まだチェーン店は少ないのですが噂の「東京チカラめし」で焼き牛丼並280円を初めて食べました。
駅から少し離れているのに、わざわざ松屋の隣に出店して明らかにライバル店から客を奪ってやろうというかつてのマツキヨみたいな強気な戦略。

店舗面積は松屋の半分以下で店員がすれ違うのも窮屈そうな狭い厨房、タッチパネルで食券を買って、水も自分でコップに注いで紙ナプキンの代わりに安そうなごわごわのキッチンペーパーで徹底したコスト削減を客にも要求している。(笑)
味はそこそこで価格を考えたらコスパは非常に高いと思う。

やっぱり、吉野家は牛丼業界で松屋やすき家と価格競争しても、また新たな企業が低価格で参入してくるし、このままではメガネスーパーと同じ道になりかねないと思いますね。
でも、違うのは業界内で他社を上回る品質が消費者に支持され多少高くても集客できる点。

吉野家は安い牛丼屋の老舗で「牛丼=安い外食」というイメージを定着させたのも自業自得てはあるのですが、うな丼屋は高ければ牛丼屋は安ければ客が来ると思うのは間違い!?
ラーメン屋だって、390円のチェーン店も千円近いチェーン店も共存共栄しているし、価格だけで客は選択しているのではない。
牛丼屋だって、モスバーガーみたいな高級路線があっても良いでしょう。

味でも雄の吉野家なら価格競争せずに、高級牛丼屋路線に転換するのも生き残りに有効な方法ではないでしょうか?
吉野家は、もう時代や環境の変化により売りではなくなった自縄自縛のキャッチフレーズ「早い安い」という看板は降ろして「うまい」に磨きをかけて、デフレの勝ち組ではなくデフレの外で勝負できるブランド力を付けるべきでしょう。
(社名が牛丼スーパーではないのだから!?)

デフレに苦しむ多くの日本企業はエルピーダやメガネスーパーから教訓を得ることがあると思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 韋駄天太助 at 13:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

にほんブログ村 為替ブログへ←参考になりましたら一押し。m(._.)m

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック