2012年04月25日

欧州劇場はエンドレス?オランドショックは想定内もオランダショックでドーダ!?

フランス大統領選挙の第一回投票は、現職サルコジ大統領を抜いてオランド氏がトップに立ち、5月6日の両名による決選投票に持ち込まれました。

次回投票でもサルコジの苦戦が伝えられていますが、欧州のメルコジ体制が崩れるリスクやフランスのポピュリズム財政悪化懸念を織り込むのはまだ早いのに、「オランド」ショックの市場への影響が結構大きいなと思っていました。
「オランド」「オランド」言いながら、よく下げるなと思っていたら、聞き間違えていたよ、
「オランド」「オランダ」のダブルショックになってるやん!?

オランダでも、緊縮財政策をめぐる与野党協議決裂により、9月から10月に総選挙が行われる見通しです。
「オランド」と「オランダ」でドーダこれでもかの欧州劇場は終わらない!?

そう、今年は選挙イヤーでマヤ暦も終わる2012年!
昨年の「アラブの春」に続き、今年はきっと選挙イヤーを中心に世界史に刻まれる1年になるのでしょう。

オランダと、オランドというよりフランスの共通点は、緊縮財政を進める与党に対して大衆迎合で甘いことを言う野党が支持を集める構図です。
で、これは日本とも共通するし、米国を含め先進国全体の構図であり、「民主主義の死」と言える状況なのかもしれない・・。

アラブの春もそうだけどベルリンの壁崩壊も、世界で同時多発的に同様の問題を抱え、各国ともに似たような状況が見られる時は歴史的な転換点です。

未来は誰にもわからないし、相場の反応も読めないけど、私が確実に起こるだろうと言える事は、
オランドのように緊縮財政に反対し経済成長を謳い国民に厳しさを求めない政治家・政党が支持を集めることは間違いない。
(自分の胸に手を当てれば、もとい、日本の現状を冷静に見ても、政治家も国民も多数派が決して賢明でないことは明らかだし、現実を直視しない先送り体質が簡単に変わるものではない。)

ということは、財政悪化が改善しない、歯止めが掛からない、最後はどうにもならない国が(いくつか?いくつも?)出てくるだろう。

そういう意味でも、フランス・ギリシャ・オランダの選挙は要注目です。
(倒れるドミノの始まりを目撃するのか!?)

2012年は民主主義が賢明さを示す1年になるでしょうか?(そして、マヤ暦は12月に終・・。)
断言します!どう考えても、そうはならんでしょ。(決して良いベクトルには向かわない。)
2012年中に何かが完結するとも思わないけど・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 韋駄天太助 at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

にほんブログ村 為替ブログへ←参考になりましたら一押し。m(._.)m

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック