2012年05月01日

SBIのFX株券担保サービスは「FX α」だけにマネパに勝る+αが欲しかった!?

SBI証券がFX取引株券担保サービスを5月14日に開始すると発表しました。

大手ネット証券がこれを出してきたからには、FX専業(だった)のマネーパートナーズを上回るメリットがあるのかと思いましたが、概要を見る限りはうーん見当たらない・・。

簡単に言ってしまえば、現金不要で株券を担保に掛目70%を保証金に充当しFX取引が出来る(画期的な?)サービスなのですが・・。
既に提供しているマネーパートナーズに条件を合わせて来た感じが否めない。

個人的には、株券担保サービスの条件に大きな差がなければ、FXサービスの比較でマネーパートナーズからSBI証券に乗り換える動機に欠ける。
ネット証券最大手として、たとえば掛目は80%で上回るメリットが欲しかった・・。

まあ、私のようにマネーパートナーズの代用有価証券サービスを利用するためにSBI証券から(日本株ではなくETFですが)株式を何回か出庫した者も少なくなく、SBIとしてもFX専業のニッチなサービスとして無視できずに対抗する必要があったのかも知れません。
つまり、FXサービス充実の攻めだけではなく、株券流出による売却手数料減少を防止するために出してきたのかも?

ただ、確かに株式移管は書類請求して記入・押印・返送して移管まで2週間程掛かるし、手間と時間を要します。
また、株式購入手数料はやはり大手ネット証券の方が安いので、SBI証券で株を買ってウェブ上で振替えればFXの証拠金に充当できるのは使い勝手が良いでしょう。

株券を預けるという面でも、FX業者のマネーパートナーズよりネット証券最大手SBIの方が安心感はあるでしょうし、SBI証券でFX株券担保のニーズは結構あるでしょうね。
でも、SBI証券のFXサービスの商品名は「FX α」だから、大手ネット証券としてマネーパートナーズを上回る「+α」の株券担保メリットが欲しかったですね!?
ブログランキング・にほんブログ村へ


----------------------------------------------
[PR]マネパはFX業者で唯一の株券担保サービスを提供!

posted by 韋駄天太助 at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

にほんブログ村 為替ブログへ←参考になりましたら一押し。m(._.)m

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック