2013年04月28日

MRIのMARS投資詐欺って火星への投資なの?火星人の投資!?

米金融業者のMRIインターナショナルが日本の投資家に高利回りの元本保証を約束するという“お約束の”詐欺で、集めた資金の多くが消失してしまった可能性が高まっています。

あ〜またその手口で何故と思ってしまいますが、MRIによれば昨年末の顧客数は8700人で預かり金は1365億円だそうですが、勿論この数字も商売繁盛を見せかけるために大きく膨らましている可能性があります。

事実ならAIJの損失に匹敵あるいは上回る規模となる可能性もありますが、1万人近くが1人平均1600万円を拠出するという規模は嘘であってくれと願いますが、その一方で国民性の面ではなきにしもあらずとも!?

大々的に宣伝をして有名だったらしいですが、私は余り関心を払ったこともなかったので、MARS投資詐欺と聞いて火星(Mars)に投資するってハッタリをかまして騙し取ったのかと思いましたよ!?

米国で診療報酬を保険会社に請求できる権利を債権化した金融商品(MARS)で年利6〜8.5%を謳い資金を集めていましたが、実際にはMARSファンドに資金は投入されずに既存顧客への配当(+私的流用)に充てられ、昨年12月からは配当も滞って詐欺が発覚したという“お約束の”パターン!

本当にコレで1万人近くから1000億円を集めたのなら、庶民を含まないその顧客層の中にMARSで騙された医者や弁護士は何人いるのだろうか?

それは置いておいて(!?)、何度同じ手口で多くの人が簡単に大金を騙し取られてしまうのだろうか?
被害者で投資額が5千万円とか7千万円とか答えている人はそれが殆ど全財産なのか一部なのかで世間の同情も変わってくるのでしょうが、今回も元本保証高利回り詐欺に騙されたのは高齢者が多いようです。

何故騙されるのかハッキリ言いましょう!
●強欲(年代は関係ないが・・)
●戦後ボケのバブル弛緩世代(騙す側にとっては・・)
●加齢による判断力低下
以上説明省略!?

●バブル時の高利回り定期預金というオイシイ強烈体験!
バブルの頃は郵便局の定期預金で元本保証の高利回り6〜8%を誰もがノーリスクで享受できたオイシイ時代でした。
青春を謳歌していたバブル世代は当時郵便局で定期を作らないのでフツー感覚はないが、団塊以上は世の中にそんな金融商品が今でもあっておかしくないと感覚が著しくズレているのです。

●バブル崩壊後のリスク商品で痛い目を見ている!
右肩下がりの日経平均や土地を筆頭にバブル崩壊後に投資で痛い目にあった人は多く、リスク商品を極端に怖がるもしくは毛嫌いしてしまった。
しかし超低金利にも不満は大きいので、何十%の損失リスクあり金融商品には絶対手を出したくないが、元本保証で数%の利回りで欲を刺激され弱いところを突かれるとついつい強欲が顔を覗かせ大金を投じてしまう。

一応は酸いも甘いも経験しているのだけど、その両方の経験がある故に元本保証で高利回りという空想上の(?)産物を求めて、詐欺につけ入られてしまうのだ!?

まあ、ネタは診療報酬のMARSでなくても、火星(Mars)の土地が絶対値上がりするからとトンデモ火星(Mars)投資詐欺でもいいんですよ!?
環境汚染と人口爆発で地球人が将来移住して絶対値上がりするから今のうちにアナタだけ特別にMars投資をご案内とかでっち上げれば引っ掛かる人は引っ掛かるんだって、どんなトンデモねたでも!?

まあ、イロイロな意味で地球上の出来事とは思えないびっくりトンデモ火星(Mars)詐欺ですわ!?
これは火星での出来事か?火星への投資か?火星人の投資か?
おお、MARS!
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 韋駄天太助 at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

にほんブログ村 為替ブログへ←参考になりましたら一押し。m(._.)m

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック