2014年03月17日

「明日、ママがいない」はイジメから逃げたスポンサーの負けと強く屈しない子供達の勝ち!?

ドラマ評論の巻!

開始当時は日本テレビの「明日、ママがいない」というドラマをやっていることも知らなかったのですが、物凄いバッシングを受けてスポンサーも降りて話題になってからちょくちょく見ていました。
子供への悪影響が大きいと騒がれた最初の方を見ていないし、スポンサーが降りてCMがなく「歩きスマホはやめよう」等の公共広告も含めて、ドラマの内容も好影響の方が大きいように思われた。

直接見ていないが、指摘された大きな問題は2つ。
●子供をペットショップの犬扱いする場面もあり養護施設が誤解されるし、虐待を描くと現実の子供達にフラッシュバック等の悪影響がある。

言いたいことも気持ちもよくわかります。
しかし、これは「明日ママ」だけの問題ではなく、誰もが視聴可能なテレビドラマ全般の問題であり、ダークな面を描くなと言うならドラマにならない。
同じ局で以前放送していた「35歳の高校生」というドラマを何回か見たが、高校生による陰湿・陰険なイジメの場面が描かれていたが、イジメにNOと言う為にはそれをこれでもかとリアルにダークに描写する必要がある。
(つまらないので見続けられなかったが、最後はハッピーエンドだったのでしょう。)
でも、このドラマが問題視されたとは聞かないし、高校生なら良くて(悪影響がなくて)養護施設の子供なら駄目な(悪影響がある)のか?

高校生でもドラマのイジメ場面に感化されてメッセージを受け取るのではなく、イジメを助長されるバカもいるし、「明日ママ」を見た理解力のないバカ親が自分の子供に「養護施設の子供達とはお付き合いしちゃいけません!」と恥ずかしい不当な差別を植え付けるケースもあるでしょう。
ただ、ストーリーの必然性以上に視聴率獲得のために演出が過激になりがちという面は指摘されて然るべきでしょう。

●子供同士が(捨てられたことに起因する)「ポスト」「ロッカー」等のあだ名で呼び合い、現実の子供達が傷つきかねない。

こっちの意見の方はあまりにも過保護で賛同できません。
現実にドラマを見た一般の子供が養護施設の子供に向かって学校で「ポスト」と呼んでしまうケースもそりゃあるでしょう、クソガキの集団なのだから。
「のび太」「ジャイアン」とあだ名を付けられるから、「ドラえもん」の放送を中止せよと要求するのと然程変わらないのでは?

いや、そんなことで傷つくなよ、ポストみたいに強くなれよ、というメッセージも重要でしょう。
ドラマでトラウマやフラッシュバックに配慮するなんて不可能なのだから、それなら全てのドラマを見ないように自衛するか、周りがケアするのが第一でしょう。
子供によってはほのぼのとした一家団らんの「サザエさん」を見て自分が不憫に思われ、自傷行為に至るケースもあるかも知れないし、お笑いタレントのブラックジョークでフラッシュバックするかも知れない。
大人になってからもイジメ体質はあるし、何気ない悪気のない一言でもイチイチ傷つかれたら周りも扱いに困ります。
いつまでも子供達を腫れ物に触るように扱ってはやれない訳で、君達は人の百倍強くないと生きていけないよとメッセージを送ることも大切でしょう。

また、批判する側がドラマの中で謝罪せよと要求したことは行き過ぎで一般人の共感を得られない一因でしょう。(それじゃあ、ドラマ全てぶち壊しだよね!)
そのような要求が通れば、子供達に自分が不愉快な思いをさせられたら直ぐに相手に謝罪を要求し、シマムラで店員に土下座で詫びさせるようなロクデナシの大人になりかねない悪影響を与えると心配すべきだ!?

多分、施設長が土下座して子供に謝った場面はこの不当な要求により内容を変更したのだと思うが、「私はこうのとりです」と言って謝罪を始めたのは私好みの皮肉でやり返して良かったですね。
(「こうのとり」が「ゆりかご」を間違えて迷惑を掛けました!?)

ドラマの評価としては、この設定で泣かせにかかるのは簡単だし、ポストを施設長が養子にするラストはコントのオチとも取れるし(笑)、個人的に高評価はできませんがスポンサーが全部降りる程の悪い酷いドラマではなかったと思います。
ドラマのセリフにあったように施設の子供達を「可哀想と思うほうが可哀想」な人だと思うし、だから普通の子の100倍優しく接してやることが本人の為になるとは限らないし、不可抗力で厳しい環境に置かれた君達はポストのように擦れずに強くなれというメッセージは伝わっていたと思います。

個人的にメッセージを付け加えたいのは、もしスティーブ・ジョブズが実母に(敢えてこの表現を使いますが)捨てられなければ、今世界の何十億人の人が毎日スマホを楽しむという世界は生まれてないかも知れない。
日本の未来のジョブズが養護施設の子供達の中にいるかも知れないし、恵まれていない境遇が実は恵みなのかも知れないし、恵みに変えられるとしたらそれは自分次第だし、そういう人はドラマに傷ついたとわめき謝罪を要求する側の人ではないはずだ!

「明日ママ」は恵まれない境遇でもイジメに負けず強く優しく育っていく子供達という「理想」と、イジメを恐れ尻尾を巻いて横並びで逃げ出した意気地なしの大企業スポンサー8社という日本の「現実」を炙り出したのかも知れない・・。
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 韋駄天太助 at 14:15 | Comment(5) | TrackBack(0) | 放談雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たしかに、ドラマの中で謝罪せよはやり過ぎかも知れません。
しかし、テレビ局への批難は当然じゃないでしょうかね?

テレビは影響が大きすぎます。テレビが白だといえば黒も白になる時代もありました。
しかし、その割りにきちんとした知識を持ち合わせていない、問題の本質を調査しない。

自分がぱっと思いつくのはO157の報道ですかね。
O157は牛の糞便から発生する食中毒ですが、過去にO157が事件になったときテレビは感染源と疑われたカイワレのみを騒ぎ立てました。
まるでカイワレが全ての原因であるかのように・・・
今でもO157はカイワレの病気と勘違いしてる人は多いのではないでしょうか?しかし、テレビ局はその間違いを正しません。

テレビがきちんとした知識を持って公平に放送するのならいいのです。
しかし、実際には良く調べもしないで、視聴率を稼ぐためにおもしろおかしくテレビで放送します。
さんご礁の破壊を問題にするために自分達からさんご礁を破壊したこともありました。

この記事でおっしゃられていることも至極当然だとは思います。
ドラマの報道からスポンサーが撤退して謝罪を要求することで発生する問題もあるでしょう。

しかし、こういった社会的な問題をドラマとして取り上げる場合、前提としてテレビ局側に倫理観があることが必須です。
倫理観がない場合、視聴率の為にどんな嘘を報道されるのか分かったものではありません。
そのうえ、テレビで流されたデマは長いこと偽りの真実として世の中で信じられてしまうのです。

今回の件では、その前提として必要になるテレビ局の倫理観に、多くの人が疑問を抱いているからこそ、ここまで大騒ぎになったのではないでしょうか?
私はその疑問は正しいと思いますし、きちんとした知識や調査無しに作られたドラマなら放送すべきではありません。
Posted by ナナシ at 2014年03月18日 09:02
すいません
さんご礁の自作自演はテレビ局じゃなく朝日新聞でした・・・

間違った情報流して申し訳ありません
Posted by ナナシ at 2014年03月18日 10:43
ナナシさん、
既述の通り、当方は非難の一部には理解を示しています。
ドラマはあくまでフィクション=作り話であり、現実と乖離して誤解を与えると思えば、今は昔と違ってネットで情報発信できるので、現実はこうですと説明すればよいと思います。
非難の理由の1つに、ドラマを見た親戚にあんな酷い場所に子供を預けるのは止めろと言われたみたいな話があったと思いますが、こんな次元まで相手にしなければならないテレビ局も大変だと思いますよ。
勿論、「明日ママ」に限らずテレビドラマ、テレビ自体に提起されるべき問題が沢山あることも事実だとは思います。
Posted by 太助 at 2014年03月18日 23:28
ドラマを真に受ける人をいちいち相手にしてられないのは事実ですが

結局、テレビ局に対する信用の差が問題なのでしょうか?

>今は昔と違ってネットで情報発信できるので、現実はこうですと説明すればよいと思います。

自分はテレビ局がそういったフォローをするとは思えません。

自分がオタクだからかもしれませんが・・・

コミケを犯罪者呼ばわりしたり、ひぐらしのなく頃にを何も知らずに罵倒したり、あっこにお任せで初音ミクを悪意ある編集で放送したり

いわゆるオタクバッシングと言うものですが、それらに対してテレビ側が何らかのフォローをしたことがあったのでしょうか?

私はテレビ局は問題を炊きつけ、視聴率さえ稼げれば後は何も知らず放置している事が多いように感じます。

「明日ママ」に関してもきちんとしたフォローをしてくれるのなら何も問題ないのですが・・・
正直、抗議がなくまともに「明日ママ」が放送されたとしてそういうフォローをテレビ局がするとは思えません。

まあ、それでも過剰な謝罪要求やドラマがそこまでバッシングされる内容でなかったというこの記事の指摘は正しいと思います。

ただ、テレビ局側の信頼が余りに失われてしまった・・・

そのテレビへの極端な不信がそういった正当な指摘をかき消しているのだろうと思います。
Posted by ナナシ at 2014年03月19日 08:33
私が説明すれば良いと言ったのは、「テレビ局が」ではなく現実との違いに憤り「非難している方々が」です。
ネットでは放送内容よりもバッシングが取り上げられ、非難する側の言い分もよく伝わっていたと思います。
Posted by 太助 at 2014年03月19日 23:23

にほんブログ村 為替ブログへ←参考になりましたら一押し。m(._.)m

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック