2015年10月19日

自称「民主主義のインフラ」たる新聞・雑誌への軽減税率は生活インフラに先んじない!

言いたい放題の巻!

連立政権を組む某党党首が「新聞・書籍は民主主義の基礎を支える制度的インフラ」なので軽減税率対象であることが望ましいと語りました。
インフラの中を流れる情報の質を問わずに新聞が民主主義を支えるとか寝言は置いておいて、土管屋としては遥か遠い理想として民主主義が機能するための情報インフラの一部であることは確かだし、一概に新聞等への軽減税率に反対するつもりはありません。

しかしながら、「酒類を除く飲食料」と並べて、或いは2番目の優先順位として「新聞・雑誌・書籍」が挙げられるのはオカシイ!
それなら極めて怪しい、かつ破壊者ともなりうる「民主主義のインフラ」なるモノに適用する前に生活インフラ(電気・ガス・水道)が先でしょう。

ぶっちゃけ生活に余裕のない層は新聞取らない・読まないし、そこはコストの削り所だし、生活応援ならインフラ公共料金に軽減税率を適用すべきでしょう。
(だからこそ、国民に等しく情報が届くよう新聞を軽減してという理想論はご尤もですが、2%軽減されたからって民主主義の担い手として新聞取ろうなんて高尚な方は2%もいないのが現実です!?)

更にはよく言われている通り、例外を作り始めると政治家が握りたくなる利権が生まれるんですよ。
飲食料でも酒類は除くのは嗜好品で軽減する必要がないし、高級・高額品を沢山消費するのは庶民ではないし、線引きも然程困難ではなく妥当な考えです。
同様に、新聞・書籍・雑誌でも民主主義のインフラとはとても言えずに軽減すべきではないと考えられるカテゴリーも沢山ありますね。(小説等も含めて99%は関係ないとも言えますが。)

飲食料における酒に該当しそうなのが、18禁の成人男性誌ですかね。まさか軽減しませんよね!?
それなら、数ページのグラビアがある大衆週刊誌は?
内容も噂ベースの醜聞ばかりで民主主義に役立っているとは思われないが、真面目な政治記事もたまにないとは言えない。
これらをどうやって線引きするのか?
まさか山口さんが全部目を通してグラビアの過激度で個人的に決めるわけではあるまい!?

ここに利権が生まれる訳です。
これはいいけどあれは駄目と不明確な理由で細かいことを言い始めると。
欧米では食料品も細かく分類して整理してやってるって?

納得感がある素晴らしい先例とも思えないし、国民性を鑑みて日本人は真似しない方がいいって自覚しようよ!?
ナーナーでグダグダで調整できずに仕切れないし整理できないから!
で、世の中にとって殆どどうでもよく優先順位が低く取るに足らない事でアーダコーダと自称民主主義のインフラたるメディアを巻きこんで議論とは言えないレベルに終始して利権と妥協の産物になるのがオチ!?

更には新聞も財政再建の為には消費増税やむなしとの意見を社説等で表明した社が多いと思いますが、裏や外では新聞だけは軽減せよと主張するなら民主主義のインフラとして必要不可欠な存在だと誰もが認めるようにクオリティの向上を果たしてくれないと説得力がない。
(同時に民主主義最大の破壊者足りうる存在との自覚はあるのか?)

事実は事実として正しく迅速に伝え、意見は意見として両論併記で、誘導扇動するのではなく民主主義の主権者に判断を任せる為の材料を提供してから言ってくれないと。
(そうすれば社会が良くなると言っている訳ではないのですが!?)
政治面なんて政策の是々非々ではなく、匿名の関係者談による思惑や裏話に焦点を当てて週刊誌やワイドショーに毛が生えた程度のレベルで、どこが民主主義のインフラとして必要な情報なのかサッパリわからないノゾキ趣味の記事も多い。

イギリスは軽減で新聞の税率が0%と日本新聞協会に言われても、日本の新聞と英国のニュースペーパーでは民主主義のインフラとしてのクオリティに大きな差があるのでは?
フィナンシャルタイムズやインディペンデントの記事が日本で引用される頻度と、英国で読売・朝日・日経の記事が引用される頻度にどの程度の差があるのだろうか?
たまには痛烈過ぎる程だが否定できない英国批判記事を書けるクオリティが日本の新聞にあるのか?(その姿勢と能力なくして民主主義のインフラは担えないはずだが?)

一概には認められない自称・民主主義インフラの前に客観的事実である生活インフラの軽減が先ですわ。
水道なんて米やパンより生命維持に重要な飲料かつ生活インフラだからね。
本当に生活に困っている人はミネラルウォーター買わずに水道水なのに、軽減されたミネラルウォーターより税金高いってどういうことやねん!

故に、ちり紙交換と引越し荷造りの必需品に過ぎない新聞が生命に必要な水道代より先に軽減されるなんてありえないのです!?
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 韋駄天太助 at 19:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放談雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

にほんブログ村 為替ブログへ←参考になりましたら一押し。m(._.)m

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック