2016年10月24日

電通過労問題はブラックならぬ似非ホワイトの「いい会社」と奴隷契約の日本的就社問題!

電通の東大卒女性新入社員の過労問題に思うことは沢山あります。
誰もが残業百時間超で上司からパワハラ言動を受ければ同じ選択をする訳ではない。

残業自慢や被パワハラ自慢をすれば、もっとすごい話を持っているぞと語りたくなる人はこの国に私を含めて1千万人以上いるかも知れない。
電通社員やOB・OGなら9割かも知れないが、自分もその程度は通って来た・受けて来たという意識がサディスティックなイジメ体質の連鎖を無駄に継承していく・・。

電通の採用に関して個人的に持っていたイメージは体育会採用とコネ採用がかなり多いというものですが、現在もあまり変わっていないのでしょうね。
昭和26年制定の「鬼十則」を今も規範にしているとか、さもありなんの社風なんでしょうね。
「取り組んだら放すな、殺されても放すな」!?

今の社長さんも学生時代はアメフト部で2011年に営業畑から初の社長になったそうですが、会社の頭のてっぺんからつま先までモーレツが染みついちゃってるのかなとも思えます・・。
彼女も電通の社風を知らなかった訳ではないでしょうし、残業が少ないとも思っていなかっでしょうが、入社して経験したことは自分の想像を遥かに上回っていたのでしょうね。

肉体的・精神的ストレスが一気に襲ってきて、対処や消化方法がわからずに、辞表を叩きつけられなくても仮病で1日休んで冷静になる余裕もなく追い込まれてしまったのでしょうね、残念です。

今回の件で電通もブラック企業で体質に問題があるという言われ方もされますが、ちょっとミスリードというか、ブラック企業とはある意味対極にある問題なのかなと。
低賃金で劣悪な労働環境で世間的な知名度のない会社がブラック企業ですよね。

電通は世間的に極めて知名度が高く賃金もトップクラスのいわゆる「いい会社」です。
「いい会社」に入るためにいわゆる「いい大学」である東大を目指して学生は勉学に励む訳です。
でもね、電通に限らず就職人気ランキング上位に名前を連ねる会社は労働環境に関しては全然「いい会社」ではなくブラック体質が多いんですよ。

何故か?皆が入りたく親御さんも喜ぶ「いい会社」は入社がゴールの「就社」だからです!?
電通等の「いい会社」は「いい大学」から多くの学生を新卒採用し中途採用は少ない。
「いい会社」は社員を終身雇用してやる代わりに人権を無視して劣悪な労働環境下に置いてこき使うことが可能です。

社員の側から見ると、その価値観において「いい会社」に再度転職することは難しく給与減となる可能性も高いので少々のことは我慢してしがみつきます。
電通等から見れば、ウチに入りたい学生はゴマンといるのだから社員に辞められても困らないが、お前らにとってはウチより「いい会社」には転職できず困るだろと強く出られます。

ブラック企業の場合は他に選択肢がなくて劣悪な環境でも続けなければならないのが問題ですが、電通クラスでは決してそうではないでしょう。
社員の側も「いい会社」ブランドや高給・福利厚生を握って手放せないから不幸が起きます。
だから「ブラック企業」と一括りにするのは間違いで、「似非ホワイト企業」問題とか別の名前を付けるべきなんですよ。

上記は一般論ですが、彼女の場合は地方出身の母子家庭で塾にも通わず猛勉強して東大に入り「いい会社」の電通に入社して、辞めるという決断は自分だけが手放せばいい問題ではなく難しかったのかも知れません。
二十歳そこそこで一生の仕事を見つけられる方が稀だし、良くも悪くも折り合いをつけたり手を抜くということを学ぶ前に心身のストレスに押しつぶされちゃったのかな。

上司が言ったという「君の残業の20時間は会社にとって無駄」発言も誰もが言われて通る道だと思うが、経験を積めば真面目に受け止め過ぎずに「否定はしないがその内15時間の無駄は上司の指示と仕事のアサインがヘボだからです」と言い返さないまでも心の中で舌を出しながらパワハラを受け流せるようにもなるのだか・・。

「いい会社」への就社慣行が「似非ホワイト企業」のブラック体質を助長するのです。
「殺されても放すな」なんて人権無視を社員に命令できるのは死んでも辞めないぞと社員がしがみついてくれる「いい会社」だけです。
殺される前に放そうよ、大して価値のないモノやつまらないプライドを命がけで握りしめてないで・・。

インテリ集めて組織を作っても気合と根性の体育会体質にしかならず、びっくりする程知性を引き出さずに殺して頭も筋肉にするのが日本企業の弱さであり、労働生産性の低さにも繋がっていると思います。

関連エントリー:ブラックから脱皮を図るファストリ!でもブラック企業が株価を上げるのも事実!?
http://financial-free-fx.seesaa.net/article/394704926.html

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 韋駄天太助 at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放談雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

にほんブログ村 為替ブログへ←参考になりましたら一押し。m(._.)m

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック