2017年05月29日

日本のやる気社員は6%で世界最下位クラスのやる気なさをAIで解決!?

日経によると、米ギャラップが世界の企業を対象に実施した調査では、日本の「熱意ある社員」は6%しかおらず139カ国中132位だったそうです。(因みに米国は32%で日本の5倍以上いる!?)
更には「やる気のない社員」が70%で、問題児に分類される「周囲に不満をまき散らしている無気力な社員」が24%もいるそうです。

率直な感想はやる気が世界平均以下なのは納得だが、世界3位の経済大国が地球上でワーストクラスの「やる気なさ」なのは大きな違和感。

問題児を含めた「やる気のない社員」が日本では94%を占めることになるが、「やる気」のハードルが高過ぎじゃないの?
高すぎだとしても世界の中で相対的に最下位クラスなら確かに問題だよね。

統計の取り方や母数がわからないので額面通りには受け取れないが、139カ国に対して同じ調査をするのだから大掛かりには行っているのでしょう。
ギャラップ社の過去調査でも他社の調査でも似たような結果であり、この種の調査は概して日本が最下位クラスになるようです。

例えば、調査の中で「社外で自社のことを悪く言ったことがある」「同僚と上司の悪口や愚痴を言ったことがある」なんて項目があってYesならマイナスされるのであれば、
残業終わっても群れて飲み屋で会社や上司の悪口で盛り上がって発散する日本的サラリーマンは「やる気なし」と見做されて不利ですね!?

しかし裏を返せば、残業終わっても同僚と群れて終電まで飲んで貴重なオフ時間に会社や上司のことで頭がいっぱいの日本人はどんだけ仕事や会社好きやねん!とも言える訳で、欧米的価値観で裁かれている面もあるのかなと思いますね!?

そういう統計の怪しさを踏まえた上でも日本人が世界的に仕事熱心との評価をされる一方で、矛盾するようにやる気し社員と評価されるのは仕方ないかなとも思います。
だって全然矛盾していなくて、「仕事熱心」を無理強いされればヒトは仕事にやる気を失くすのは必然だから!?
長時間労働を強いられれば仕事に集中力を保ち続けるのは不可能でダラダラ仕事になるから。

日本人の94%がやる気ないとの調査結果でも、表面的には「やる気ある」振りをしていることがとても大事なお国柄なので94%はそう見せないように振る舞うんですよ。

海外では周囲にまき散らす程の不満がある人はさっさと辞めて他社に転職するかさっさと机を片付けられて明日から来なくていいと解雇されるが、日本では雇用慣行上お互いに簡単ではないことも多くその環境に甘んじる人も多い。
就社と就職の違い、更には雇用が契約で成り立ち仕事の範囲が明確で上司や同僚が残業しているから付き合いで帰れないなんて人生の浪費も欧米には少ない。
徹夜で仕事する人を(嫌々やっていても)「やる気ある」と中身や成果よりも評価する間違った文化が長時間労働是正ブームで変わるといいですけどね。

昭和の時代はそれが有効に機能したけど、もう30年近くも日本は会社や労働の文化を変えて社員のパフォーマンスを最大限引き出すことが出来ていないように思います。
欧米の文化ややり方をそのまま移植しても日本人には合わずに拒絶反応で上手く行かないけど、今頃長時間残業是正に国を挙げて取り組まないと変われない文化が世界最下位クラスの「やる気なさ」を醸成していることは間違いない訳で・・。

額面通りには受け取れない調査だが、日本が最適解を求めるためにも従業員は世界ワーストレベルのやる気なさだが第三位の経済大国というパラドックスから目を逸らすべきではないでしょう。
ちょっと社長、よし6%を残して94%はAIに置き換えて解決だってオイ!その名案はやめて!?
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
posted by 韋駄天太助 at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

にほんブログ村 為替ブログへ←参考になりましたら一押し。m(._.)m

コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
参考になりましたらポチっと。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へにほんブログ村 株ブログへ 人気ブログランキングへ





GMOクリック証券
SBIFXトレード