2018年02月26日

一般NISA利用者は含み益ロールオーバーで積立NISA移行を検討する余地なし!?

NISA制度開始当初から利用している人は2018年が5年目の最終年になると思います。
よって、2019年から一般NISAを継続して2周目に入るか、つみたて(積立)NISAに移行するかの判断をする良いタイミングだと思って今年中に検討する・・なんて人はいますかね?

個人的には検討の余地が全くなく、一般NISA継続の一択です!
一番大きな理由は5年終えて2周目に入る際に含み益をロールオーバーできるように制度変更されたこと。
何に投資したかにもよりますが、この5年間では含み益がそれなりに出ている方が多いと思われ、膨らんだ資産をそのまま2周目に持ち込めます。

上限はないので理論上は元本100万円が5年間で1億円いや1兆円に膨らんでも、その時価を2周目のスタートに出来ます。
これは大きなメリットです!

積立NISAを検討する人ほど一般NISAでもバイ&ホールドを基本に使っていると思われ、移行して含み益をみすみす手放す理由はないでしょう。
これが含み損状態なら一般NISAの出口で非課税のメリットも全く活かせないので、2周目に入らず積立への移行を検討する余地もあると思います。

5年前に投じた100万円が140万円に増えて一般NISAの出口を迎えるとします。
ここで確実に追加5年の非課税制度に140万円を突っ込める特典が用意されているのに、それを特定口座に移すか利確し利益40万円分の非課税(=約8万円)だけを享受して、年間40万円の20年非課税制度に自ら移って非課税枠を減らす意味がわからない!

それを検討するのは、一般NISAを10年使って3週目に入る前のタイミングで十分です。
それ以降の一般NISA制度の存続は決まっていないし、嫌でも移らざるを得ないかも知れません。
金融庁はNISA制度を統一したいようですが、20年で約束している積立NISAは改悪が難しい上に金融庁の肝いりで追加した制度。

改悪されるなら5年単位の一般NISAでほぼ廃止ということも考えられます。
何故なら、どちらも改悪しないように水と油の制度を統一したら120万円x20年枠みたいな大盤振る舞いになってしまうから。
NISA制度はほぼ毎年のようにマイナーチェンジを繰り返しているし、性急に制約の多い積立NISA制度に移る理由もないと思います。

一般NISA3周目も普通に継続され、10年分の含み益をそのまま持ち越せる可能性も否定できないし、そのメリットを受けるチャンスを自分から潰すことはないと思います。
枠だけの問題ではなく、一般と積立では思想信条・主義主張から根本的に異なっているし、積立NISAは一宗教一宗派の押し付けとも感じ、官が全ての民に押し付けるのは如何なものかと思います。

でも、一般NISA最初の2年は投資額100万円までだったから2周目には追加20万円x2年分を投じられるはずですが、これは含み益が20万円以上ある場合はどういう扱いになるのかな?
理屈では含み益とは別枠扱いだからロールーバー後に120万円を越えても元本追加20万円の枠はあると思いますが、さて?

とにかく、積立NISAの検討は5年後に棚上げして、個別株でも配当狙いでも外国株でも信託報酬の高いアクティブファンドでも好きに選べて自由と権利を重んじる一般NISAを後5年使い倒しましょう!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
posted by 韋駄天太助 at 13:09 | Comment(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

暴落から米国株の戻りが早いが節分天井彼岸底まで調整は長引くか?

日本には「節分天井・彼岸底」という相場格言(アノマリー?)がありますが、日本のみならず世界的に株価は節分近くの1月下旬に天井を付けて、節分で暴落しました。

NYダウがリーマンショック越えの過去最大の下げ幅と言われましたが、株価が2倍になれば同じ下落率でも下げ幅は2倍になる訳で、記録更新に大した意味はないと思います。
しかしながら、リーマンショックと同様なのは米国内の問題で世界に激震を起こしておいて、米国が真っ先にまた駆け上がり始めるところ!?

NYダウは先週25000を回復したので、高値約26500と暴落後の底約23500の半値戻しを既に達成しました。
一方、日経平均は高値約24000円から約21000円で一旦底を打って、週明けに22000円に届くかもというレベルなので、こちらもリーマンショック後を想起させます!?

暴落時には震源地よりも大きなショックを受けて下落して、立ち直りは慎重で置いてけぼりとなり株価の戻りが遅い日本株・・。(特に民主党政権時)
今回は円高圧力が遅れてやって来ているので、それも株価の回復を遅らせている要因ですね。
でも、民主党政権の時も円高圧力が掛かり続けたから似てるとは言えるかな?

ただ、株価暴落のリスク回避で一気に円高に振れて株価回復時には一気に円安に戻るという過去のパターンとはかなり違って来ましたね。
かつ、為替と日経平均の連動もかなり薄れたので、円高で日経安、円安で日経高という単純な動きとはならなくなって来た。

米国株の戻りは早いですが、今回の暴落が一時的なショックでまたスルスル戻して年初来高値を直ぐに更新していく動きにはならないんじゃないかなーと?
年末、特に年始からの急ピッチ過ぎる上昇があってこそ、2月初旬に暴落が発生したのだと思います。

リーマン越えの暴落と言ったって、NYダウは12月初旬の水準まで下げただけです。
ビットコイン程ではないが、2カ月間の暴騰が打ち消されただけで、更に下げても全然おかしくないように思えます。

これが直ぐに年初来高値を更新するようでは暴落した意味がない!?
日本ローカルの相場格言(アノマリー?)ですが、「節分天井・彼岸底」程度には調整が長引くと警戒しておいた方が良いかも知れませんね。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
posted by 韋駄天太助 at 23:51 | Comment(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

信託報酬で追いつかれ気味の国内上場ETFも投資信託に対する優位性はまだある!?

積立NISAのアシストもありインデックス投信の信託報酬がETFと遜色ないレベルまで下がって来ました。
ETFの信託報酬には販売会社の取り分がないので本来は投信信託が信託報酬で同レベルまで下げることは出来ないはずですが、MSCIコクサイやエマージング等の主要指数ではコスト面でETFが優位であるとは言えなくなって来ました。
(あっ、海外ETFではなく国内上場ETFに限定した話です。)

ETFの信託報酬が投信より若干低い程度では、金額指定で買える!積立設定できる!基準価額との乖離を心配する必要がない!投資信託の方がETFよりも選好されてしまいます。

でもね、まだまだ投信に対するETFの優位性はあると思うんです!
擁護するのも辛くなって来ましたが(笑)、頑張って利点を探してみました!

●場中に下げたところを狙える!
基本中の基本でETFの利点として挙げられることですが、終値ベースで1日1回定められる基準価額でしか買えない投信に対して、ETFは東証の取引時間中ならいつでも売買出来ます。
場中に暴落の初期段階で察知して売りたいとか、それが出来る人は少なくても、場中に下げたところで買いたいニーズはあると思います。

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 00:31 | Comment(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

マイプリンター必要?日本のコンビニ網とWin10の標準機能でプリンターシェアが容易に!

パソコンを保有している人の多くはプリンターも当然のように保有していると思います。
でも、そのプリンターはほとんど使ってないし邪魔で場所も取るのに惰性で持ってませんか?

今の時期なら確定申告をネットで入力して印刷して、後は年末の年賀状印刷までほとんど使わないという人も多いのでは?
もう、そのプリンター要らないでしょ!?

日本にはライドシェアならぬプリンターシェアのインフラとサービスが日本全国で整っています!
えっ、知らないって?
近所にコンビニ一軒程度はあるでしょ?そこにコピー機あるでしょ?
それをシェアさせてもらってマイプリンターにしちゃいましょう!

A4モノクロならコピー同様に1枚10円です。
今時のコンビニのコピー機はとても優秀なのでパソコンのファイルをUSBファイルに入れて持ち込めば印刷できます。

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 00:44 | Comment(0) | 放談雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

ビットコインはバブり過ぎて暴落の内に入らないがダンシングヒーローはパンツ履け!?

ビットコインが今月中旬の16日から17日にかけて暴落しました。
情報を追っていませんが中国を中心とした世界各国の規制強化とか、その少し前にバフェットが仮想通貨のバブルを指摘し「ほぼ間違いなく悲惨な最後を迎える」と発言したとか。

バフェットが天井を当てたのか、バフェットが発言したから天井を付けて下落に転じたのか?
おそらく後者で他要因とも重なり暴落に貢献したのでしょうね。
バフェットは仮想通貨の最後について「それがいつ、どのように起きるかはわかりませんが」とも述べています。

私なんかビットコインがたかだか3000ドルを突破した昨年7月にチューリップバブルかと言いましたが、天井は遥か上で12月の19850ドルでした。

[過去の関連記事]
ビットコインが最高値更新!その一因である本邦勢買いは天井掴みの逆指標!?
http://financial-free-fx.seesaa.net/article/449689217.html
ビットコイン3000ドルまで止まらない上昇はチューリップバブルの再来か本物か?
http://financial-free-fx.seesaa.net/article/452079811.html

結果論で言えば、3000ドルでも恐れずに上昇に乗れば6倍以上にはなっていたということですね。
確かに価格がほぼ半減したのだから暴落とは言えるのでしょうが、12月の上昇が1月に打ち消されて12月頭の価格水準に戻っただけですよ。

1カ月で価格が倍になるなら1カ月で価格が半減するのはより普通の減少かつ現象ですよ!?
ビットコインにおいては、1日で半減なんて暴落とは言えない!

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 12:22 | Comment(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

消費増税のガス抜きと軽減財源に金融所得税率引き上げなら非課税制度を縮小すべき!

前回エントリーで書いた件ですが、「平成29年分 所得税及び復興特別所得税の確定申告の手引き(海底申告書B用)」の34ページ目にある「市区町村からのお知らせ」の中で

「上場株式等に係る配当所得等について、個人住民税において所得税等と異なる課税方式を選択する場合(個人住民税において上場株式等に係る配当所得等について、申告を擁しない場合も含みます。)、個人住民税の申告書の提出が必要です」

と明記されています。
税務署が広く配布している手引書の中で記述されているので、市町村に異なる課税方式で申告して「知らない」「出来ない」と拒否されることはなく、単純に手続きだけの問題だと思います。

市町村のHPでは詳しく手順を示している所、可能になったことだけ簡単に記載している所、何ら告知していない所と様々なので、今回の申告からトライしたい人は在住の各市町村に問い合わせるのが一番ですね。
ネットで情報を拾っても他市町村の手続き方法や提出書類はあくまで参考情報にしかなりません。

さて、この話とも関連があるのですが、消費増税10%へ引き上げる際に予定される軽減税率の財源に金融所得への増税が検討されているようです。

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 01:54 | Comment(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

株式譲渡所得と配当所得について所得税と住民税で異なる課税方式を選択できる!?

平成29年度税制改正により、上場株式等の配当所得及び株式等譲渡所得金額について、平成29年4月1日から所得税と住民税で異なる課税方式(申告不要制度、総合課税、申告分離課税)を選択することができると明確化されました。
(もちろん譲渡所得に総合課税は選択できません。)
ルールが変わった訳ではなく、これまで不明瞭で市町村により対応が分かれていたので統一見解が示されたということらしい。

それにしても、これは驚愕の事実です!
これまでも一部では認められていて実行していた強者がいることに驚き!
真面目な私は所得税と住民税で課税方式を変えて節税するなんて出来るとも思わなかったし考えたこともありませんでした!?

だって、どう考えてもおかしいから。
なんで国税は総合課税で申告しておいて、地方税は申告不要や分離課税がまかり通るのか?
税務署には申告しますと言いながら、市町村には申告しません?
税務署には総合課税と言いながら、市町村には分離課税?
中途半端で総合も分離も為されてへんし機能不全やん!?

でも、税制改正大綱で明確に謳われたのでこれからは堂々といいとこ取りできちゃうらしい!
「上場株式等に係る配当所得等について、市町村が納税義務者の意思等を勘案し、所得税と異なる課税方式により個人住民税を課することができることを明確化する。」

意訳すれば、納税者が所得税と異なる課税方式を選択する意思を示せば市町村にノーという権利はないので受け付けるように・・。

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 00:05 | Comment(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

2018年は順調に行かないよね・・と昨年も同じこと言ったが!?

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

と遅いご挨拶ですが、新年の相場も既に始まっています。
日経平均の大発会は年末年始の海外株上昇分も織り込み700円高で2万3千円台に乗せて景気よくスタートしました。いやー目出度いですな!

翌日も200円高でまた3連休ですよ。
まだまだ正月気分で 酒が酒が飲めるぞー 酒が飲めるぞー、いやー目出度い!

更には25000を超えていたNYダウは週末雇用統計を受けて0.88%続伸で新年の初週を終えました。
いやー、ホントに目出度いですな!?
お陰で来週明けの日経平均は3営業日で1000円の上昇を見せるかも知れません。

ファンダメンタルズだけではなく新年の思考停止的な資金流入の影響もあるんでしょうね。
うーん、でも酔い過ぎてそろそろ気分が悪くなったりしないだろうか?

振り返れば、昨年も世界的に押し目らしい押し目もなく上昇し続けました。
昨年というより一昨年の11月にトランプが大統領選に勝利してから相場には暴落はおろか押し目すら作らせない順調さです。

ミスター暴言、歩く波乱が米国大統領に就任してから相場が凪状態になり、大盤振る舞いの経済政策にだけ反応して上昇するのは皮肉なものです。
相変わらず北朝鮮のロケットマンに私の持つ核のボタンの方がパワフルだとか牽制になるとも思考を巡らせたとも思えないプロレス的短絡挑発を繰り返す危うさは見せていますが・・。

まあ、昨年の初めもトランプだから波乱が起きない訳がないと言ったような記憶がありますが、相場に関しては全くありませんでした。
今年はどうなるでしょうか?

近年の相場は日本というよりも米国株の方が1989年に日経平均3万9千円の高みに向かって上昇していく80年代後半に似ているのかも知れませんね。
上昇していく最中は誰も上昇に異議を唱えずに正当化するという欲まみれな人間の身勝手な習性を忘れるべきではないでしょう。

喉元過ぎて30年も経てば熱さ忘れるどころかとっくに体外に排出されて既に記憶にない!?
揺れが少ない時ほどシートベルトを忘れずに。

2018年も皆様にとって実り多き一年となりますことを祈念します。
posted by 韋駄天太助 at 10:54 | Comment(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

日米格安SBIシュワブの合体新興国ファンドに追随したeMAIXIS slimにアッパレ!

既報の通り、SBIアセットが信託報酬0.19%(税抜)の「つみたて 新興国株式ファンド」を投入したのに対抗し、三菱UFJ国際投信がeMAXIS slimの新興国ファンドを税抜0.19%に揃えて来ました。
厳密にはSBIの方はETF部分に消費税が掛からないため、税込ベースではEXE-i:0.1948%<slim:0.2052%で下回ってはいません。

しかしながら、楽天バンガードの新興国ファンド信託報酬0.2696%(税込)を大幅に下回り、EXE-iとslimが現状最安ツートップであることは確かです。
新興国ファンドは信託報酬0.3%台まで下げたり新規投入されたモノはいくつかありますが、今のところslimに追随する動きは見られません。

最安を常に意識するニッセイは対抗して来るでしょうか?
もう下がり切っちゃってこれ以上やったら慈善事業だよ!俺の給料も出ねえわ!と嘆きの声も聞こえて来そうです!?

新興国の信託報酬が日経平均やTOPIX、海外先進国と変わらない0.1%台レベルまで下がってしまいました。
もう引き下げ余地はないでしょう。
経緯を整理してみると、

続きを読む
posted by 韋駄天太助 at 12:18 | Comment(0) | 全般共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

楽天の携帯事業参入は見通しが楽天的すぎる!?投資家ではなく国民としては歓迎!

楽天が携帯電話事業への参入を表明した後株価は2日連続で大きく下げました。
楽天だけではなくNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの株価も大きく下げました。

楽天参入で奪われれるだけの既存3キャリアの株価が上昇する筈はないのですが、当事者の楽天が一番大きく下げて誰も勝者がいないというのが投資家の見方。
既存3キャリアの株価もそれなりに下げて反応したということは参入する楽天が大きな脅威であるとは認めているということ。

でもね、国民目線としては勝者なんて要らないし携帯業界なんて全体で利益を減らせばいいんですよ!?
楽天参入による携帯業界の利益減=国民にとっては家計の中で嵩む一方の通信費減に繋がるから。
故に楽天参入は一国民として大歓迎します!

しかしながら、投資家目線では株式市場や巷の評論と同様に楽天の大きな決断には疑問符です。
巷で言われている通り、携帯通信のインフラを一から造るには少ないと思われるが絶対額としては巨額な6000億円の設備投資をして回収できる程の顧客を集められるのか?
ボーダフォンからの買収で既に整った設備と顧客基盤を手に入れて、最弱キャリアの立場から料金競争を仕掛け品質の改善や回線の増強をしてドコモ・auとの差を詰めれば良かったソフトバンクよりも遥かに高いハードルです。

1500万人の顧客獲得を目指すそうですが、逆に言えば自前の設備で提供するキャリアになるなら何百万人程度の顧客数ではビジネスにならないのでしょう。
しかしながら、大変野心的な目標でありどうやって取るつもりなのか?自信過剰ではないのか?と余計な心配もしたくなります。

ちょっと気になるのが、副社長さんの
「約1500万人のクレジットカード会員を抱えるなど、ブランド力がある」
から携帯の顧客も獲得できると自信を表わしたこと。

1人複数枚持つのが普通で切り替えを促すのも比較的容易だし、携帯はクレカほどネット通販との親和性は高くないし、クレカで1千万人以上集めたから携帯も同様に集められると思ったら大間違いだと思いますけどね。
クレカでは楽天が新規参入で業界の常識に染まらず独自の特徴やサービスである意味斬新に拡販して成功したことは確かでしょう。
でも、インフラ事業は品質と料金以外での差別化はクレカのように多様ではなく創意工夫も限定的と思われます。

更には、ドコモから回線を卸してもらって提供している楽天モバイル事業で契約数を140万も集められると、本格的にやれば簡単に1千万人でも集められんじゃないかと思えて来るのかも知れません。
でも、逆に考えれば料金が激安の格安SIMでも百万程度しか集められないのに、インフラを整備して既存キャリアに近いが1-2割下回る料金設定をしたとして、何故1千万人が楽天に切り替えるのか?
携帯ショップも他社同様に全国展開すれば高コストで3社と変わらない料金、削れば中途半端に安いけどサポートもインフラも半端で、格安SIMよりは遥かに高くて位置付けのわからないサービスになりかねない。

と、色々懐疑的ですが三木谷氏に携帯参入の秘策はあるのかも知れませんね!?
ただ、ソフトバンクの孫さんはタイムマシン経営とも言われるように海外の模倣も日本で真っ先にやって成功していますが、楽天の三木谷氏もAmazonとか海外の模倣好きながら若干石橋を叩いて渡るのかスピードは感じませんね。
だから、今更ゼロから携帯事業をやるつもりなんでしょうが!?

繰り返しますが、1国民としては楽天の携帯業界寡占市場への殴り込みを歓迎していますので、ぬるま湯に浸かっている既存3キャリアを茹でガエルにしてしまう三木谷氏のお手並みを拝見させて頂きます!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
posted by 韋駄天太助 at 00:40 | Comment(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする